後頭部から異常に汗をかくのは病気が原因?

後頭部だけ汗をかくのはなぜ?

病気が原因汗のかき方に特徴はあるの?

人間は汗をかく生き物ですが、特定の一カ所からだけ汗が大量に出てきたら心配になりますよね。特に頭からの汗は重大な病気が原因なのでは、と不安になる人も多いでしょう。

しかし、もともと頭というのは身体の部位の中でも汗をかきやすい部分なのです。

女性の場合は更年期障害によって後頭部の汗が大量に出てしまう場合もあります。では、後頭部からの汗は特に心配する必要はないのかと言うと、中には重大な病気が原因の場合もあるのです。

今回は、後頭部から汗をかく原因とその対処法、さらに気を付ける必要がある汗の特徴についてまとめました。

後頭部に汗をかく!考えられる原因とは?

Original update by : イラストAC(acworks)

 

頭の汗腺は顔の2倍ある、と言われているだけあってもともと頭は汗をかきやすい部分です。では、後頭部から大量に汗をかくのが自然かというと、考えられる原因はいくつかあるため一概に自然現象であるとは言い切れません。後頭部に汗をかくその原因をいくつか見てみましょう。

エアコンの影響

これは寝ている時に大量に後頭部から汗をかく場合に考えられる要因です。エアコンを使用したまま寝ると、身体の表面の汗は乾いてくれますが、毛で覆われている後頭部は乾燥しにくくなります。そうすると他の部分よりも後頭部の汗が目立って感じてしまうことがあります。

更年期障害

40代前後の女性の場合は、更年期障害の可能性があります。更年期障害は、ホルモンバランスが乱れることによって発生する身体・精神不調です。このホルモンバランスの乱れによって女性ホルモンが減少すると、頭部・上半身に大量の汗をかく場合があります。これは「ホットフラッシュ」と言われている症状です。更年期による汗は「べたつく」といった特徴を持っています。

多汗症

頭部のみ汗が多い場合は頭部多汗症という多汗症があります。多汗症は多くの場合、精神的ストレスが原因で発症します。緊張状態や興奮状態になった場合、もしくはプレッシャーを強く感じる場面が多いという人は頭部多汗症になっている可能性があります。

糖尿病

糖尿病の症状の一つに、後頭部から大量の汗が出るというものがあります。これは糖尿病の合併症に、糖尿病性神経障害というものがあるからです。この合併症は自律神経に影響するため体温調節をうまくコントロールできなくなり、後頭部など局所的に汗をかいてしまいます。上記すべてに当てはまらない場合や、心当たりがある場合は糖尿病を疑いましょう。

 

それぞれの原因への対処法は?

上記で上げた4つの原因の対処法を見てみましょう。

エアコンの影響

エアコンがついている部屋でのみ後頭部の汗を大量にかく場合は、一度エアコンを切る、もしくはエアコンが効いている部屋から出てみましょう。夜寝る際も、エアコンをつけっぱなしにするのではなく、タイマー機能を使って温度調整をするようにしましょう。ずっとエアコンにあたる環境にいると体温調整が上手く行かずに、全身に疲労感が出てくる事があります。時にはエアコンを切って汗を掻くという事も重要になります。

更年期障害

更年期障害の場合は、内科や婦人科へ相談に行くのが一番です。しかし頭部からの汗以外に目立った症状もなく、それだけで病院へ行くのは気が引けるという人は、セルフケアとして日常生活の改善を行いましょう。睡眠不足や偏った食生活は自律神経のバランスを崩してしまいます。栄養バランスに気を付けた食事をとるようにして、さらに有酸素運動も自律神経のバランスを整えるのに良いとされているため積極的にウォーキングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。

多汗症

頭部多汗症は発症原因が解明されていないため、確実な対処法や治療法がまだみつかっていません。頭部以外の局所性多汗症の場合は、塩化アルミニウムを使った制汗剤を使うという方法がありますが、それを頭部に使ってしまうと刺激が強すぎるため頭皮や髪の毛が傷んでしまいます。頭部多汗症の場合はまずは医師に相談してみましょう。

糖尿病

糖尿病が原因の発汗の場合は、まずは病院へ行き糖尿病の基礎治療を受けましょう。治療をきちんと行って自律神経の働きを正常な状態に戻してあげることで、大量の汗をかくことはなくなります。糖尿病による汗には独特の臭いがあるため、こまめに汗を拭きとる、着替えを行うなどをして身体を清潔に保つことで、臭いの原因である雑菌の増殖を防ぎましょう。

 

特に要注意な病気が疑われる後頭部の汗の特徴とは?

Original update by : イラストAC(まめお)

 

上記4つの原因の中でも最も気をつけなければならないのは、もちろん糖尿病による発汗です。糖尿病が原因である場合は下記のような大きな特徴があります。

  • 汗のにおいが甘い、甘酸っぱい
  • 首の後ろにできものがたくさんできる

糖尿病とは、エネルギーとして糖を使用することが困難になっている状態です。そのため体内の脂肪を脂肪酸というものに分解して、脂肪酸を糖の代わりにエネルギーとして使用します。その際に生成されるケトン体という物質が独特な臭いを発している原因です。

また糖尿病の症状に、皮膚の乾燥、免疫力の低下が上げられます。皮膚が乾燥した状態では、肌を守るバリアが弱まるため傷つきやすくなってしまいます。さらに免疫力も低くなっているため、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。傷ついた肌に頭部からの汗によって細菌が繁殖し、首の後ろにおできがたくさんできてしまいます。

糖尿病は自覚症状が少ないため気付きにくい病気です。少しでも疑わしい症状がある場合は、早めに病院で医師の診察を受けましょう。

 

まとめ

頭部というのは体の部位の中でも汗をかきやすい部分ですので、大きな異常がある場合は少ないでしょう。考えられる原因としては下記の4つがあてはまります。

  • エアコンの影響
  • 更年期障害
  • 頭部多汗症
  • 糖尿病

ただし、この中で最も気をつけなければいけないのは、糖尿病の合併症上である神経障害によって汗が大量に出ている場合です。糖尿病が原因の汗には下記の特徴があります。

  • 汗のにおいが甘い、または甘酸っぱい
  • 首の後ろにおできがたくさんできる

もしも自分の症状が糖尿病に当てはまるようでしたらすぐに病院へ行って医師の診察を受けましょう。糖尿病は自覚症状が少ない病気のため、少しでもおかしいと感じた場合は病院へ行くことをおススメします。