顔汗をかかないのはどうして?

汗は毛穴の老廃物を出してくれるの?

汗をかく体質に改善する方法は?

「Original update by model foto 涌井よう」

夏の熱い時期や運動した後などに顔に汗をかくと、女性の場合は特にメークが崩れて嫌だなと思う人が多いですよね。ところが、中には暑くても運動しても、全然汗をかかないで涼しい顔をしている人がいます。するとメークが崩れなくていいなとか、汗で肌が汚れなくていいなと思ってしまいます。

しかし、汗をかかない方が本当にいいのでしょうか?

また一方で、毛穴の老廃物や毒素は汗をかく事で排出されて、肌がきれいになるという話をよく耳にします。それでは顔汗はかいた方が肌に良いのでしょうか?それともかかない方か良いのでしょうか?

そこで今回は、顔から汗が出ない原因や、顔汗の効果、汗をかきやすい体質に改善する方法について調べました。

 

顔から汗が出ない原因とは?


 

人は本来、夏場など外気温が高く暑い時や、運動をして体温が上がった時など体温調節をするために汗をかきます。しかし最近は、汗をかかない人が増えてきています。その原因を見ていきましょう。

汗をかかない原因
長時間のエアコン使用

最近は暑い夏でもエアコンを完備しているところも多く、家庭でもほとんどの家でエアコンを点けています。長時間エアコンの効きすぎた中にいると、ずっと身体は冷えている状態になるため汗をかく必要がなくなり、汗腺機能が低下して、普段でも汗が出にくくなります。

運動不足

運動をしないと筋量が減って代謝機能が衰え、汗をかきにくくなってしまいます。

制汗剤の使用

制汗剤を日常的に使い過ぎる事によって、汗を出す汗腺がダメージを受け、発汗能力が低下し汗をかきにくくなります。

水分摂取量

水分の摂取量が少ない身体の中が乾いた状態になり、汗として出る水分が足りなくなって、汗をかきにくい体質になります。

汗を排出する汗腺は使わないと機能が衰えていき、汗をかきにくくなるのです。

病気による症状

甲状腺機能の低下、糖尿病、自己免疫疾患等の病気でも汗をかかなくなる症状が出ます。汗を排出する汗腺は使わないと機能が衰えていき、汗をかきにくくなるのです。

 

顔に汗をかかない人は毛穴が汚い!顔汗の効果とは?

インターネットや口コミなどでよく、毛穴の老廃物は汗で排出できると耳にしますが本当でしょうか?

汗はエクリン腺と言う汗腺から排出され、その成分は99%が水分です。

毛穴は体毛が生える穴で、その中には皮脂腺と言う皮脂を出す腺があります。この腺から毛穴を通って皮脂が外へ出ます。汗の出る腺と皮脂の出る腺は全く違うので、毛穴の汚れを汗が排出するというのは正しくありません。

しかし、汗は体温調節をする他にも、肌にとってとても大切な役割をしています。

 顔汗の効果
  • 汗の中には乳酸ナトリウムと言う保湿効果のある成分が含まれていて、汗と一緒に排出されたこの成分が、肌をしっとりさせます。
  • 汗は肌表面で皮脂と混ざる事により、肌をウイルスや細菌・乾燥などの外部刺激から守る皮脂膜を作ります。
  • 汗は、肌に住み着いている常在菌のエサになり肌を弱酸性に保ち、カビや花粉など外部の刺激から肌を守ります。
  • 汗をかくと血流が活発になり新陳代謝が良くなって、肌の状態も良くなります。

このように汗をかく事は肌にとって大切な事です。

しかし、汗をかく事も大切ですが、汗をかいた後のケアがより大切です。

メークをした状態で汗をかくと、汗の成分とメークの油分が混ざって肌にダメージを与えてしまいます。そこで、ジムや運動をするような時は、メークは最低限にするか日焼け止め程度にとどめ、汗をかいたら清潔なタオルでこまめに汗を拭きとりましょう。

 

顔汗をかきやすい体質に改善する方法は?

「Original update by model foto 涌井よう」

 

汗をかくと新陳代謝も高まり、肌にも良い効果がありますが、熱くても運動をしても汗をかけない人がいます。では、顔汗をかかない人が、汗をかきやすい体質に改善するにはどうしたら良いか、その対策方法を見て行きましょう。

汗をかきやすい体質に改善する方法
 お風呂はシャワーだけで済まさずに、湯船にしっかり浸かる。

38~39度くらいのお湯にゆっくり浸かりましょう。ゆっくり浸かる事で身体を芯から温めます。身体が芯から温まる事で、血行が良くなって代謝機能も上がるので、汗をかきやすい体質になります。

また、入浴前にコップ1杯の水を飲むと、代謝が良くなるので更に効果的です。

高温反復浴

ぬるめのお湯の半身浴とは変わって、41~42℃の熱めのお湯に短い時間で何回か入ります。2、3分入浴→身体か髪を洗う→また2,3分入浴→洗わなかった方を洗う→3度目は3分程入浴する。

このように熱めのお湯に何度か入る事で、新陳代謝が活発になり、汗をかきやすい体質に改善される効果があります。

運動をする

ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動を取り入れ、筋量を増やします。筋量が増えると代謝機能も上がり、汗腺の機能も活発になって、汗をかきやすくなります。

体を冷やさないようにする。

平熱が低いと代謝機能が衰え、発熱しにくい状態になり、汗腺の働きも衰えます。その為、身体を冷やさないように、普段から冷たい物を摂りすぎないようにしましょう。

また身体、特に足先などの末端が冷えると血流が悪くなるので、靴下を重ね履きするなど、服装にも気を受けましょう。

汗をかきやすい体質に改善するには、身体を内部からも外部からも温めることが大切です。

身体が温まり一定の体温(37度程)を保てれば、代謝機能も活発になり、筋量も増え、汗腺の機能も働いて、汗をかきやすい体質になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

人は汗をかく事で体温調節をしています。しかし、長時間のエアコンの中での生活や、運動不足で汗をかく必要がなくなると、汗腺の機能が衰え、汗をかかなくなります。

皮脂の出る毛穴の腺と汗の出る腺は別なので,汗で毛穴の汚れは取れません。

汗をかくことは、体温調節の他に外部刺激から肌を守るなど、肌にとってとても大切な役割をしています。汗をかきやすい体質に改善するには、入浴や運動などで新陳代謝を高め、汗腺の機能を活発化させる事が重要です。