顔を触ると手よりも冷たい…

顔が冷えると、どんな影響があるの?

Original update by:acworks

寒い時期は夏のように皮脂のテカリや、汗でメイク崩れがないから安心している女性が多いですが、顔に触れて冷たいと感じたことはありませんか。

顔はいつも外気にさらされている部分です。だから「冷たいのは当たり前」と思いがちですが、意外な落とし穴があるのです。

顔が冷たいことで引き起こされる症状や病気を知れば、呑気にはしていられないはずです。ここでは顔が冷たい時の改善方法も合わせて見ていきましょう。

 

あなたの顔は冷たい?顔の冷えのチェック方法とは?

 

顔に触れた時にヒヤッと冷たい状態「顔冷え症」といいます。まずは、あなたが顔冷え症の状態になっているのかをチェックしてみましょう。

やり方は簡単で、自分で自分の顔に触れてみるだけです。しかしどんな環境でやるかによって、正しい結果が導き出されないので注意しましょう。

顔冷え症チェックをする時は暖房や冷房がついていない屋内で行います。まずは手が冷たくなっていないかを確認しましょう。

真冬の外から返ってきたばかりでは、手がかじかんで冷たくなっているのでしばらくあたためて常温になるのを待ちます。

準備ができたら両手のひらで、両方の頬を包み込むように顔に触れます。その時に手より顔が冷たい人は顔冷え症の可能性があります。

他にも首や鼻先、耳なども触ってみましょう。触った時に冷たい箇所が多いほど、顔冷え症の可能性は高まります。

 

顔が冷える原因は?顔が冷たい病気とは?

顔冷え症はどうして起こるのでしょうか。女性の悩みの中に「冷え性」がありますが、顔冷え症も原因は似ています。

例えば…

  • 夏場にエアコンをフル活用して涼しすぎる部屋で過ごす時間が長い
  • 入浴時はシャワーだけ
  • 甘いものや冷たいものが好きでよく食べる
  • ダイエットをしているのでサラダばかり食べている
  • 仕事などで極度のストレスを感じている

 

こういった生活習慣が当たり前になっている人は、顔冷え症になる可能性が高いです。身体全体が冷え切っている状態ですね。

初めのうちは特に何も症状がでませんが、放っておくと病気になることもあります。顔冷え症から始まる病気は以下の通り。

  • 肩こり
  • 便秘
  • アレルギー疾患
  • 慢性疲労
  • 更年期障害
  • 不眠

どれも、できればなりたくない病気ばかりです。身体が冷えるから顔も冷える、冷えは思わぬ病気を呼び起こしてしまうのです。

 

顔が冷たいとどうなるの?

Original update by:しげ王

顔が冷たいと女性にとってショックを受けてしまう症状になります。肌荒れがひどくなった、何をしても良くならないのは、顔が冷たいのが原因かもしれません。

顔がむくむ

顔が冷えることによって血管が収縮して血液の流れが滞ってしまいます。すると顔色が悪くて不健康に見えてしまいます。

それだけでなく、血液の流れが悪いので老廃物がたまりやすくなります。すると顔がむくみやすくなってしまうのです。

肌荒れなどのトラブル

顔が冷えると血液の流れが悪くなるので、お肌のターンオーバーも乱れてしまいます。古い角質がきちんと剥がれ落ちずに表皮にたまってしまうのです。

その結果、吹き出物ができたり、シミやクマが出てきたり、顔がくすんでしまうという女性にとってはショックな状態になります。

また、乾燥を招いて肌がパサパサになって粉をふいてしまうという現象も。深刻な肌トラブルの原因になってしまうのです。

老け顔

顔が冷たいのを放って置いた結果、最終的にたどり着くのが「老け顔」になることです。顔の血流が滞り、ターンオーバーが乱れれば、古い角質が溜まっていきます。

健康的だった肌がくすんでシミやクマが増え、乾燥からシワやたるみが出てきます。顔の冷えを放っておくだけで、年齢以上の老けた印象になってしまうのです。

 

顔の冷えを改善する方法は?

 

あなたが顔を触って「冷たい」と感じるのであれば、今すぐ行動を起こすべきです。顔冷え症が深刻な状態になる前に、簡単にできる改善方法をご紹介します。

顔まわりのマッサージ

顔の冷えは血行が悪くなっている状態なので、血液の流れを良くしてあげましょう。その為には顔周辺のマッサージは効果的です。

しかしこのマッサージは直接顔に行ってはいけません。顔の肌は皮膚が薄くデリケートなので、直接マッサージすると余計な刺激を与えてしまいます。

そこで、首や肩などの顔の周辺や頭皮をメインにゆっくりと揉みほぐしていきましょう。マッサージした箇所がポカポカしたり、「ほぐれた」と感じる程度まで行うのがポイントです。

顔の筋肉を鍛える

冷え症も同じですが、冷えは身体の血液を流す役割をしている筋肉量と筋肉の動きが少ないことも原因のひとつです。でも顔の筋肉を鍛えるなんて、何をしたらいいのか分かりませんよね。でも、実際はとても簡単です。

笑顔を作るだけで顔の筋肉は鍛えられます。いつもより笑顔を意識的に作るのは、周りにも良い印象を与えられるので一石二鳥です。

他にも「顔ヨガ」をしたり、いつもはしない顔をしてみるのも効果的です。「顔の冷え性」にも効果的なだけではなく、顔全体を引き締めたり、表情を豊かにする効果もあります。

スキンケアは温かい手で

顔が冷えている時は言い換えればお肌が弱っている状態です。それなのに、手が冷えたままお肌に触れるスキンケアを行うと更に顔が冷えてしまいます。

毎日のスキンケアの際は手にも一工夫が必要です。スキンケアをする前に手を40℃くらいのお湯に浸してしっかりと温めましょう。

そして手が冷めないうちにスキンケアをすると良いですよ。またホットタオルで顔を温めてからスキンケアをするのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

いつも外気に触れているからといって、顔の冷えを見過ごしていると大変なことになります。顔の冷えは思わぬ病気を引き起こしたり、肌荒れなどの原因になっています。

顔の冷えを改善するポイントは…

  • 顔まわりのマッサージで血行促進を促す
  • 笑顔や表情を意識的に変えて顔の筋肉を強化する
  • 顔や手を意識的に温めてからスキンケアをする

物理的に顔を冷えから守る為にマスクを活用するのも良い方法です。冷気が直接顔に当たらなくなるため、顔の冷えを防ぎ、さらにはノドや肌の保湿効果も期待できます。