顔汗を漢方薬で改善できるって本当?

漢方の種類やどのくらい効果があるのか知りたい!

 

Original update by:いらすとや

 

顔からの汗が止まらない!恥ずかしい!と感じてその改善法を探している人はたくさんいます。

様々な方法がある中で、今回は「漢方薬」での改善について詳しく見ていきましょう。漢方薬にはどんなイメージを持っているでしょうか。

顔汗に効果がある漢方薬の種類や、購入できる場所はもちろんのこと漢方薬のメリット・デメリットと、注意点などについてもまとめていきます。

 

顔汗の原因とは?漢方薬で改善できる?

顔汗には様々な原因があるといわれています。もちろん、年齢や環境によって変わってくることもあるでしょう。

例えば…

  • 自律神経の乱れ
  • 精神的ストレス
  • ホルモンバランス
  • 食生活の乱れ
  • 生活習慣
  • 肥満・遺伝性

漢方薬は天然の有効成分によって体の調子を整えることで、人体の自然治癒力を引き出すものです。主に体質改善を目的とするもので、効果はゆっくりとあらわれます。

漢方薬が顔汗に効果があるか否かは、まず顔汗の原因を知ることから始まります。顔汗の原因を緩和する効果のある漢方薬であれば、効果があるといえるのです。

逆をいえば原因に対して適切な漢方を選ばなければ、残念ながら効果はありません。顔汗改善のために漢方薬を使用したいと考えるのであれば、まずは正確な原因をきちんと知っておかなければいけません。

漢方を飲むだけでは顔汗を治すというのは難しいですが漢方と生活改善を組み合わせることで、根本原因にアプローチして顔汗を徐々に改善することが可能です。

 

漢方薬を使うメリットとデメリットとは?

漢方薬に始まる東洋医学では、人体の持つ自然治癒力を引き出すための、体質改善を目標としています。しかしながら漢方薬にもメリット・デメリットがあります。

メリット

漢方薬は体調や症状に合わせてきめ細やかな調合ができるのでアレルギーなどで通常の医薬品が使えない人にも有効です。

また顔汗のような体質や遺伝の影響が大きいものに対しても大きな効果を発揮します。天然成分が使われているので、身体に優しい薬といえるでしょう。

漢方は飲み続けることで少しずつ効果を発揮するので、急な症状の悪化が見られることはありません。少しでも「おかしい」と感じたら、効能が薄いうちに気づくことができます。

人体の治癒力を使うものなので、他の方法に比べてもリスクはとても少ないといえます。

デメリット

漢方薬には即効性がありません。ですから「今すぐ顔汗をどうにかしたい!」という人には不向きです。

体質改善での効果が実感できるのは早くても数ヶ月が必要なので原因に合った漢方薬を飲み続けることが大切になります。

そうなると、漢方薬を続けるための費用が高額になるというデメリットがあります。中には、そういった理由で続けるのが難しいとなる場合もあるのです。

また、体質に合わない漢方薬を服用していると、副作用となって現れることがあります。

 

顔汗に効果のある漢方とは?

Original update by:at.

 

顔汗のように局所だけに強く汗をかく事を、「局所多汗症」と呼ぶ場合があります。汗は、出過ぎても、出なさ過ぎても良くありません。

通常より多くの汗が出て気になるのであれば、まずは1番飲みやすい漢方薬である衛益顆粒(えいえきかりゅう)を試してみると良いかもしれません。

他にも顔汗の原因によって有効な漢方があります。

 

  • 精神的な場合

極度な緊張によって発汗する、ストレス過多で顔汗がすごい…そんな時には緊張を緩和し、気持ちを安定させる効果のある漢方があります。

  • 紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 紫胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

 

  • 食生活による場合

偏食、小食、不規則な食事習慣や、外食や脂質の多い食事が多い場合は胃腸の働きを整えてくれるものや、生産した胃腸の熱を冷ます効果のある漢方があります。

  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  • 茵チン蒿湯(いんちんこうとう)

 

  • 生活習慣による場合

運動不足による肥満や代謝の低下、夜型の生活などで生活習慣が乱れている場合は肥満解消や水分代謝を整えてくれる効果のある漢方があります。

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

  • ホルモンバランスの乱れの場合

更年期の女性に起こりやすいホルモンバランスによるのぼせで、発汗する場合はホルモンの安定と影響を緩和させる効果のある漢方があります。

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 女神散 (にょしんさん)

この他にも漢方には、その人の体質に合わせて強弱を変えることもできます。体力のある人とない人でも、処方される漢方には種類があるのです。

 

漢方薬はどこで購入できる?

通常の医薬品と違って、漢方薬はどこか特別なイメージがあります。漢方専門の知識がないと販売できなかったり、海外から取り寄せなければいけないなど…。

しかし実際には通常の医薬品と同様に手に入れることができます。漢方薬を購入できるのは主に3ヶ所です。

  • 医療機関を受診

1番安心して購入できるのは、医療機関を受診して処方してもらう方法です。医療機関での処方であれば、保険の適用もあるので、費用も安く済みます。

とくに漢方薬が初めてと言う人は、自己判断で漢方薬を選んでしまうともしも身体に合わなかった時に、どう対処すればいいのか困ることになります。

医療機関での処方では、保険適用の場合

初診時に4000円~5000円程度、2回目以降が2000円~3000円程度というのが一般的です。

漢方薬を選ぶのは難しいので、医療機関で処方してもらうのが基本です。

 

  • 薬局で購入

漢方薬は薬局にも置かれています。漢方薬だけ特別に専門的な知識が必要ということもなく、薬剤師の資格を持っていれば問題ありません。

薬局には薬剤師が常駐しているので、症状をしっかりと説明して自分に合った漢方薬を見定めてもらうことが大切です。

しかし薬局で購入する場合は保険適用にならないので費用はかさみます。漢方薬を選ぶときには、金銭的に長く続けていけるものを選ぶのも大切な要素です。

 

  • インターネットで購入

漢方薬はインターネットでも購入できます。しかし初心者が漢方薬を自己判断で選ぶのは避けた方が無難です。

漢方薬は症状や体質に合わなければ、飲み続けてもムダになってしまいそのリスクは決して小さくありません。

初心者はまず、医療機関を受診して処方してもらい、その漢方が身体に合うか見極めます。問題なければ、同じ成分の漢方薬をインターネットで見つけて安く購入するのが良いでしょう。

インターネットで市販の漢方薬を購入する場合の費用は月に5000円~10000円程度が相場です。

 

漢方薬を使用する際の注意点とは?

漢方薬を使用する時に注意してほしいことがあります。漢方薬は体質に合っているかという部分がとても重要です。

体質に合ったものを選べば効果が出やすいですがそうでないものだと効き目が感じにくいだけでなく、副作用を起こす可能性があります。

特に初めて漢方薬を試す人にとっての自己判断は難しいです。最初は必ず医療機関を訪れて医師の判断を仰ぐようにしましょう。

医師に相談する場合も、正確に自分の症状や状態を知らせる必要があります。

自分が自分の状態について正しく分かっていて、伝えることができなければ自分に本当に適した漢方薬が処方されない可能性があるのです。

ですから、しっかりと自分の状態を把握しておくことは必須です。

また、漢方薬に使われる生薬の中には「食べ合わせ」などで効果が落ちることもあります。特にサプリメントや持病の関係で常飲している薬があれば、併せて医師に相談しましょう。

 

  • 漢方薬だけで顔汗を改善しようとしない

顔汗の改善のために漢方薬を使用する場合、勘違いしないでほしいのが漢方薬だけで改善しようと思わないことです。

漢方薬は体質改善を目的に作られています。即効性はありませんが、毎日飲み続けることで次第に効果が現れるのです。

例えば食習慣に問題があって漢方薬を処方してもらったのに毎日ファーストフードばかりの食事では、顔汗が改善されるとは思えませんよね。

漢方薬の効果を高めるためにも、基本的な生活習慣を整えたり、睡眠をしっかり摂るなど日常生活や食生活にも目を向けることが大切です。

基本なことができてこそ、漢方の力は最大限に発揮できるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

漢方薬を顔汗改善に役立てたいのであれば、まずは顔汗の原因を理解することです。顔汗の原因に働きかけてくれる効果のある漢方薬なら、顔汗の改善にも効果があるでしょう。

漢方薬のメリットは…

  • アレルギーなどで通常の医薬品が使えない人にも有効
  • 天然成分なので身体に優しい
  • 人体の治癒力を上げてくれるのでリスクは少ない

漢方薬のデメリットは…

  • 即効性がない
  • 続けて飲まなければいけないので、費用が高額になる
  • 体質に合わない漢方の場合、副作用の可能性がある

漢方薬を飲んだからといって必ず顔汗が改善できるという保障はありません。漢方薬と一緒に基本的な生活習慣の改善も取り入れて、上手に付き合っていきましょう。