朝はキレイに化粧がのっても、昼を過ぎるとファンデーションが落ちてる!

ファンデーションが落ちない方法ってあるの?

 

Original update by:acworks

 

汗や皮脂の分泌でせっかくのメイクが、お昼過ぎにはボロボロそれをどうにかしたいというのは、女性のメイクの悩みの一つですね。

特に気になるのはメイクの土台ともいえるファンデーションです。ファンデーションが落ちないようなメイクをするには、実はベースメイクも大切なのです。

そこで、ファンデーションが落ちないメイクを目指すための方法やベースメイクのコツを大公開していきます。

 

ファンデーションが落ちる原因は?

 

気温が上がり、日中よく汗をかくのが夏です。夏になると気になってくるのがメイク崩れであり、他に季節に比べてメイク崩れが早くなるものです。

ファンデーションが落ちてしまう原因としては汗をかくことに原因があると考える人も多いでしょう。

  • 暑いと汗をかきます
  • 汗をかくと毛穴が開きます
  • 毛穴が開くと皮脂が出ます

このようなメカニズムでファンデーションが崩れたり、とれたりすると思っていませんか。実はコレ、大きな誤解なのです。

確かに暑いと汗をかくので、同時に皮脂の分泌が活発になります。しかし暑い」ということだけが、皮脂を過剰に分泌しているわけではありません。

皮脂は、皮膜という保護膜を作り、外的刺激から肌を守り、肌の水分が逃げてしまうのを防いでいます。肌にとってはとても大切な役割を果たしていますが、場合によっては必要以上に分泌されてしまいます。

そうなると、メイク崩れはもちろん、ニキビや毛穴トラブルの原因となるのです。では、どんな時に皮脂が過剰に分泌されてしまうのでしょうか。

原因は個人によって様々ですが、最も大きな原因は「肌の乾燥」です。夏の皮脂による化粧崩れの真実は「暑いから」ではなく、「肌が乾燥しているから」が正しい理由なのです。

夏は冬に比べると湿度も高く、じめじめしていて、あまり乾燥を感じないかもしれません。しかし、夏は暑さを凌ぐために冷房を多用します。

室内にいる時は冷房の風に当たっているので、想像以上に肌は乾燥しているのです。肌が乾燥すると肌を潤そうとして皮脂が多く分泌されます。

これがファンデーションが落ちる原因に繋がっているのです。

 

ファンデーションが落ちない方法とは?

ファンデーションが落ちない方法を考えていきましょう。ファンデーションの中には夏用に汗や皮脂に強いものも発売されています。

そういった機能性の高いファンデーションを使うことも一つの方法ですが一方で重要なのは「ファンデーションが落ちない肌の作り方」に注目することです。

ファンデーションが落ちる、化粧崩れの原因は汗だけでなく乾燥も大きな理由でした。夏の肌は汗をかくことで新陳代謝が活発になります。

さらに夏のダメージで傷つけられた肌を修復するために、肌の生まれ変わりが早くなっている可能性があります。ターンオーバーが活発になるのは、一見、良いことのように思えるでしょう。

しかし、実は肌の生まれ変わりのスピードが早すぎると未熟な肌細胞を作ってしまうので、更にダメージを受けてしまうのです。

未熟な肌細胞は通常の肌細胞よりも「水分を保つ力」が弱まっています。これでは毎日、肌の保湿を高めるお手入れをしていても、すぐに肌の水分がなくなってしまいます。

その結果、乾燥して化粧崩れを起こす肌になってしまうということです。つまり夏は「乾燥しやすく、化粧崩れが起きやすい肌」を作ってしまう季節と言えます。

化粧崩れを起こさない肌を作るためには、以下の事に気を付けましょう。

  • 肌の生まれ変わりの周期を整える
  • 健康な肌細胞が作られるようにする
  • そのために、しっかりと保湿のお手入れをする

肌に水分がいきわたり潤った肌は、紫外線などの外的な刺激にも強く肌機能が高まるので、肌自体が傷つきにくくなります。

例え乾燥しやすい環境であっても潤いを保てるようになりダメージを受けた場合の修復も早くなるのです。

夏は汗や湿度の影響で、保湿のお手入れが疎かになりがちです。しかし夏こそたっぷりの保湿やこまめな保湿を行うことで、ファンデーションが落ちるのを防ぐことができます。

 

ファンデーション落ちの原因をベースメイクで防ぐコツは?

Original update by:サカタヒロユキ

 

ファンデーションが落ちてしまう原因はベースメイクでも防ぐことができます。ファンデーションを塗る前に肌を整えるベースメイク、どんなコツがあるのでしょうか。

朝のメイク前には冷たい化粧水で水分補給

夏のスキンケアにおいて、肌に水分補給をする役割をする化粧水は重要です。コットンパックや、コットンマスクでしっかりと潤いを肌に届けましょう。

メイク前には必ず化粧水をつけるようにしてください。特に汗が気になる場合は冷たい化粧水でのパッティングがおすすめです。

冷蔵庫に入れておいた化粧水をコットンに取ってパッティングするとほてった肌が冷やされてさっぱりしますし、毛穴がキュッと引き締まって皮脂や汗を抑制してくれます。

夏のスキンケアをきちんとやっておくと、秋冬の乾燥も予防できますよ。

夏用の化粧下地に切り替える

多くの化粧品メーカーが夏になると夏向けの化粧下地を発売します。できれば、汗や皮脂に強いとされる夏用の化粧下地に切り替えるのをおすすめします。

冬用の化粧下地が余っていると勿体ない気がしますが夏のメイク崩れを防ぐためには季節に合った化粧下地を使うことが大切です。もちろん、ファンデーションも夏用のものに変えると、更に効果がアップします。

中には1年中使えるタイプの化粧下地もありますが使っていて崩れやすいと感じる場合は、夏だけは夏用化粧下地を使うのが良いでしょう。

スキンケア後や下地を塗った後は余分な油分をティッシュオフ

夏に限ったことではないですが、メイク崩れの大きな要因は余分な水分・油分です。メイク崩れを防いで長時間メイク仕立ての肌をキープするためには、ファンデーションが肌に密着することが重要です。

ファンデーションの密着度を下げてしまうのが化粧水や化粧下地などの液体が、肌の上に残っていることなのです。

かといって、メイク前の化粧水の大切さは外せませんので本来であれば、しっかり浸透するまで待つ、というのが正しい方法です。

ところが、忙しい朝にそんな悠長な時間はありませんよね。そこで、おすすめなのが、ティッシュオフする方法です。

化粧水、乳液、化粧下地のように液状のものを使った後にはこまめにティッシュオフをしましょう。

ティッシュを一枚取って顔に乗せ、軽く押さえるだけで余分な水分と油分をオフすることができます。1回に付きほんの10秒ほどですが、このひと手間でメイクの仕上がりも持ちも変わってきますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

ファンデーションが落ちるのを防ぐためには、保湿を中心としたスキンケアやベースメイクによる工夫が必要になります。

ベースメイクでのポイントは…

  • 冷たい化粧水でパックすると毛穴が引き締まり汗や皮脂を抑制できる
  • 化粧下地も汗や皮脂に強い夏用を使用する
  • ファンデーションを塗る前に余分な油分はティッシュオフする

こういったファンデーションを塗る前のひと手間も大切ですがファンデーションが落ちない肌を作っていくことも重要と言えますね。