緊張すると顔汗が止まらない!

 

どうして緊張すると顔汗をかくの?

 

顔汗を抑える方法を知りたい!

 

 

世の中には人見知りやあがり症、対人恐怖症で、人と話したり人前に出たりすると、とても緊張してしまう人がいます。中には緊張で顔や脇、手のひらなどに大量の汗を止まらないほどかいてしまう人もいます。

 

顔汗は目立って恥ずかしいので止めたい。けれど、止めようと思えば思う程気持ちが焦って余計汗が出て止まらなくなり、恥ずかしい思いをしたという人もいるでしょう。

 

そこで今回は、人前に出ても顔汗をかかないようにしたい。汗の抑え方をしりたい。という方の為に、緊張で顔汗をかく理由や、汗を抑える対策法をまとめました。

 

汗をかくメカニズムとは?

「Original update by ピースローブ」

 

人は、体内の機能が働く最適温度を保つために、汗をかく事で体温調節をしていると言われています。

 

汗は皮膚の真皮にあるエクリン腺と言う汗腺で作られる水分で、成分の99%は水、残りは塩分、乳酸、たんぱく質です。

 

人の身体の機能が最適に保たれる体温は37度ほどです。

脳は常に37度程を保つ様に、体温が上がると体温調節中枢に汗を出す指令を出して体温調節をし、身体を守っています。

 

 

体温調節のため体外に熱を逃がす方法は以下の3つです。

  • 皮膚からの自然な体温放射
  • 空気や風などによる伝導対流
  • 全身の皮膚から汗が蒸発する時の気化熱

体温放射や伝導対流は常に熱を放出していますが、気化熱は体温が上がった時だけ汗が出て、熱を発散させる仕組みになっています。

この気化熱の働きは体温を一定に保つためにとても重要です。

 

しかし人は体温調節以外でも汗をかきます。その理由は3つあります。

温熱性発汗

体温調節のためにかく汗で、気温の上昇や運動などにより体全身にかきます。

精神性発汗

極度の緊張や驚いた時、神経質な人がかく汗で、主に顔、脇の下、手のひらなどにかきます。

味覚性発汗

刺激の強い物を食べた時にかく汗で、顔面を中心に鼻の下、額、唇などに一気に噴き出すように出ます。

 

緊張すると顔の汗が止まらない原因は?

人前での強い緊張や不安でかく汗は精神性発汗で、顔や手の平、脇の下からどっと噴き出してきます。

顔汗は人に見られやすく恥ずかしいので、止めようとすればするほど、緊張すればするほど余計に汗が吹き出てきてしまいます。

精神性発汗の主な原因は心の問題です。緊張しやすい人や人前で話すことが苦手な人は、心の潜在意識に「汗をかいたらどうしよう」と言う不安を持っています。すると無意識のうちに緊張状態になっていて、顔に汗をかいてしまうのです。

この精神性発汗の顔面多汗症は、今のところ有効な治療法はありません。その為ストレスや緊張を取り除くことが症状を抑える有効な方法になります。

 

緊張した時の汗を止める方法とは?

 

「Original update by model foto マリア」

 

人前で顔汗を大量にかいてしまうのは恥かしい。でも緊張がなかなか取れない場合、せめて汗は押さえたいですよね。そこで緊張して出る顔汗を抑える方法を調べましたので、見ていきましょう。

緊張した時の顔汗を止める方法

顔汗をかく精神性発汗は、気持ち的な面が大きく影響します。どうにか止めようと焦れば焦るほど余計に汗が出てしまいます。

そこで、どうにか止めようと焦らないで、気持ちを落ち着ける事が大切です。

 

制汗剤を使ってみる

制汗剤を使うことで汗が止まるという安心感が出ます。結果、顔汗を抑える事ができます。

 

半側発汗

身体を部分的に圧迫すると、その周辺は汗をかかなくなります。

すると、圧迫されていない他の場所の発汗量が増えて、汗の量が一定になります。

顔汗を抑えるには、上半身のなるべく顔に近い場所を圧迫すると効果的です。

 

腹式呼吸をする

腹式呼吸は心身をリラックス状態にしてくれます。ゆっくりと息を吐くことが重要なので、 お腹をへこませながら鼻から息を吸い、吸った息をゆっくり鼻から吐き出していきます。

数回繰り返していくうちに気持ちが落ち着いてくるでしょう。

 

首の後ろを冷やすと顔汗は治まってきます。

これは比較的手早く汗が治まる方法です。

 

汗を抑えるツボ押しをする

合谷(ごうこく) 親指と人差し指の間の骨の辺りのくぼみにあるツボ。

陰郄(いんげき) 手首を内側に向け、小指側の手首の付け根から1・5cmほどの場所にあるツボ。

 

漢方薬

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

顔や首にかく汗に効きます。ただし漢方は直接多汗症に効くのではありません。自然比喩力を高める事で、多汗症の原因となっている事を治し、結果、多汗症が抑えられることになります。

漢方薬に即効性はありません。しかし汗をかきやすいという根本の体質改善をしてくれま す。

 

適度な運動をして汗腺を鍛える

運動不足が続くと心臓から離れた場所の汗腺が鈍くなり、顔に汗をかきやすくなります。

適度な運動をして汗腺を鍛えると、全身に汗をかくようになり、汗の量も少なくなります。

 

精神性発汗は心の問題の部分が大きいので、とにかく気持ちを落ち着かせることが大切です。

例に挙げた以外にも、好きな言葉を見つけて、人に合う前に心の中で唱えてみたり、気持ちの落ち着く香りをハンカチに含ませてみたりと、自分なりの落ち着く方法を見つけてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

人は汗をかくことで体温調節を行っています。

 

人が汗をかく理由は以下の3つです。

  • 温感性発汗

 

  • 精神性発汗

 

  • 味覚性発汗

 

人前での強い緊張や不安でかく精神性発汗は、心の面が大きく関係しているので、ストレスや緊張を取り除き、心を落ち着かせることが何より大切です。

人前に出る時や話をする前に、緊張でドキドキしたり、顔汗をかいたらどうしようと不安になったら、一呼吸おいて気持ちを落ち着かせましょう。