化粧崩れして困る!

化粧崩れの対策法が知りたい!

どうしたら綺麗にメイクしたままの顔をキープできる?
 


「Original update by 写真ac akwork」
 
気温も上がり汗をかきやすくなる夏の時期、多くの女性の悩みのタネが化粧崩れです。

せっかく綺麗にバッチリメイクをしてもすぐに化粧崩れしてしまい、肌はドロドロテカテカ、眉は流れてなくなり目元はヨレヨレでは恥かしいですよね。

それに何度も化粧直しをしていると段々厚塗りになって、余計化粧がよれやすくなってしまいます。

実はしっかりと対策をとれば、夏場でも化粧崩れをなくす事は可能です。

今回は、化粧崩れをしないための3つの対策法長時間涼しい顔をキープできるコツを紹介します。
 

夏の化粧崩れの原因は?

夏はより多くの汗をかくので、化粧崩れもしやすくなります。

しかし夏の化粧崩れの原因は実は汗だけではないのです。

化粧崩れの原因は以下の3つです。

・汗
・乾燥
・皮脂

体温調節の為にかく汗の主な主成分は水です。
汗をたくさんかくと、水でメイクを洗い流しているような状態になり化粧崩れを起こすのです。

乾燥

夏は暑さをしのぐため屋内や電車のなどいたるところでエアコンがかかっています。
エアコンのかかった室内は空気が乾燥しているので、その中に長時間いると肌も乾燥しやすくなります。

また、肌は汗をかくことで新陳代謝が活発になるので、汗をかきやすい夏はより新陳代謝が活発になり肌のターンオーバーのサイクルが早くなります。
このスピードが早すぎるため細胞が充分に発達せず未熟なままなので、通常の細胞に比べて水分保持力が弱く乾燥しがちな肌になってしまいます。

そして夏の肌は汗のかき過ぎや紫外線のダメージによって保湿力が落ち、肌そのものが水分不足になっています。

このようにして水分不足になり乾燥した肌にメイクをしても、密着度が悪く化粧崩れしやすくなります。

皮脂

皮脂は肌の水分が逃げるのを防ぎ、また肌を外的刺激から守る役割をしています。
しかし、空調や紫外線のダメージで肌の水分が失われ肌が乾燥してくると、皮脂は乾燥から肌を守ろうと皮脂を分泌し続けて過剰分泌になります。

化粧品の成分は油分と混ざりあうと緩む特性があるため、過剰に分泌された皮脂とメイクが混ざり合うとメイク崩れを起こすのです。

 
このように夏は3つの原因によって化粧崩れが起きやすくなります。

この化粧崩れ、防ぐ対策はないのでしょうか?

実はメイクをする際いくつかの点に注意すれば、化粧崩れを防ぐことが出来るのです。

次は化粧崩れの3つの原因に対する対策法を見ていきましょう。

夏の化粧崩れ対策その1:顔汗を止める

まずは汗対策です。

暑い夏はメイクをしている最中にも汗をかいてきます。汗をかいている肌にメイクをしてもうまくメイクがのらず、すぐに崩れやすくなってしまいます。

そこで肌状態を落ち着かせるために、冷房のかかった部屋などなるべく涼しい部屋でメイクをしましょう。

また、メイク前に冷やしたタオルを数十秒肌に当てて肌表面の熱を取ってからメイクをするとメイク崩れしにくくなります。

夏の化粧崩れ対策その2:保湿をする


「Original update by 写真ac akwork」
 
次に乾燥による化粧崩れ対策です。

夏は肌の乾燥がメイク崩れの大きな原因ですので、保湿をしっかりする事がメイク崩れを防ぎます。

化粧水で肌に水分をたっぷり染み込ませ潤い肌を作りましょう。
乾燥しやすい部分を中心に何度か重ね付けすると効果的です。

収れん化粧水は毛穴を引き締めるので、染み込ませた水分を肌内部にとどめ、また皮脂を出にくくしてくれるのでお薦めです。

夏の化粧崩れ対策その3:ベースメイクをしっかりする

そして皮脂による化粧崩れ対策です。

ファンデーションは大きく分けてパウダリータイプとリキッドタイプがあります。

夏は汗をかくのでさっぱりしたパウダリーの方がよさそうに思えますよね。
しかし繰り返し言っている様に夏の化粧崩れの大きな原因の1つは乾燥です。

乾燥している肌に粉でできているパウダリーファンデーションを塗っても肌への密着度が弱く化粧崩れの原因になります。

一方リキッドファンデーションは、水分が含まれているため肌が乾燥しにくく余分な皮脂の分泌も抑えるので化粧崩れしにくくなります。

そこで夏場のベースメイクはリキッドファンデーションを使うことをお勧めします。

また、肌の状態は人それぞれです。乾燥肌の人もいればオイリー肌の人もいます。
そこで肌状態に合わせたベースメイクをすることが化粧崩れをしないためにも大切です。

乾燥肌の人は保湿成分のあるベース、オイリー肌の人は油分の調整作用のあるベースを使いましょう。

そして頬などの乾燥しやすい部分には少し油分のあるベース、皮脂の出やすいおでこと鼻のTゾーンには皮脂を抑えるベースを、顔の部分ごとにベースを使い分けるとより化粧崩れしにくくなります。
 

涼しい顔をキープするコツは?

お出かけ前、メイクが綺麗に仕上がったらこのままずっとキープしておきたいですよね。

そこで1日中メイク崩れしない涼しい顔をキープする事はできないのでしょうか?

それぞれのメイク行程でのポイントを正しく行えば、化粧崩れのない涼しい顔をキープできるのです。

化粧崩れしないために1番大切な事は化粧崩れしないメイクをすることです。
難しい事は何もありません。ポイントポイントできちんとコツを押さえて行えば、汗や乾燥皮脂に強い化粧崩れのしないメイクが完成します。

では化粧くずれしないメイク顔をつくる行程をポイントと併せて見ていきましょう。

洗顔

まず、メイクの前にきちんと洗顔をすることです。
前の夜にちゃんと洗顔していても夜寝ている間も汗はかいているので、朝起きた時には顔は汗と皮脂で汚れています。そこに化粧水を塗っても充分に吸収してくれません。
メイク前の洗顔は一番のベースを作るのでとても大切です。

基礎化粧 (化粧水 乳液 クリーム)

次に基礎化粧です。
繰り返しになりますが夏の化粧崩れの原因は乾燥です。
そこで、スキンケアの段階で保湿をしっかりする事が大切です。
ここで肌に十分に水分補給してあげましょう。乾燥しやすい部分を中心に何度か重ね付けすると効果的です。

化粧水の後は、乳液もしくはクリームです。夏場は両方する必要はありません。お好みの質感の方を選ぶと良いでしょう。

乳液やクリームはベタつくので夏は省いても良いのでは?と思っている人もいるでしょう。

しかし化粧水の成分はほぼ水分なので、せっかくたっぷり塗ってもそのままではすぐに蒸発してしまいます。
そこで油分の多い乳液やクリームでふたをして水分を肌内部に保持してあげるのです。

乳液・クリームを塗った後は、必ずテイッシュを顔に乗せ軽く押さえて余分な油分を取り除きましょう。
軽く押さえる事で余分な油分を取り除き、また基礎化粧が肌になじむのでその後のファンデーションのつきが良くなり化粧崩れしにくくなります。

面倒に思うかもしれませんがこのひと手間が化粧崩れをしないためには重要なのです。

ファンデーション

基礎化粧の後はファンデーションですが、すぐには塗らず2、3分間を置きましょう。
基礎化粧が肌になじむ前にファンデーションを上塗りするとヨレの原因になってしまいます。

ファンデーションはしっかり塗りたくなりますが、厚く塗るとヨレや崩れの原因になりますので、できるだけ薄く塗るようにしましょう。

シミや赤みなどの気になる部分にはファンデーションを重ね付けするのではなくコンシーラーで隠すようにします。

仕上げ フェイスパウダー

大抵の人がファンデーションでベースメイクを終わりにしていますが、ファンデーションの後フェイスパウダーで抑える事が化粧崩れしないベースを作る最も重要な仕上げなのです。
最後にフェイスパウダーで抑える事により、肌がサラッとして皮脂やてかり防止にもなります。

フェイスパウダーはちょっとスポンジで乗せる程度では十分な効果はありません。
多すぎるかなと思うくらいたっぷりと顔全体に乗せ、フェイスブラシで余分な粉を払い落としましょう。

肌に透明感も出て美しい化粧崩れのしないベースが出来上がります。
 

アイブローやアイラアイン・マスカラなどのポイントメークは、汗・水に強いウオータープルーフタイプがお薦めです。

チークは落ちやすく何度も重ね塗りをしていると濃くなってしまうので、ベースメイクの時点でクリームタイプのチークをしておき、最後にパウダーチークを薄くぼかす程度にのせると綺麗に仕上がります。
 

まとめ

いかがでしたか?

夏の化粧崩れの原因は、汗・乾燥・皮脂の3つです。

その3つの原因の対策として

・汗を抑えるため涼しい場所でメイクをする。

・たっぷりの化粧水で肌に十分な水分補給をしてあげる。

・夏場のファンデーションは水分の多いリキッドタイプを使う。

以上の事に気を付け、さらにメイク工程での大切なポインをきちんと押さえてメイクすれば化粧崩れしないで長時間綺麗なままのメイクをキープできます。