ゲーム中の手汗がひどい!

ゲームプレーの邪魔にならない手袋はある?

ゲーム中の手汗を抑える対策はある?


「Original update by gau」

 

ゲーム好きの人はたくさんいます。コントローラーを握って白熱してくると、手汗でコントローラーがヌルヌルになり、滑ってプレーに支障が出たり、ゲーム機の間に汗が入って機械が壊れてしまう事さえあります。

それに友達と一緒にやっていると、汗で汚れたコントローラーを使うのを嫌がられたりして、気まずい思いをすることもあります。

ゲーム中の手汗を何とかしたい。でもゲームに夢中になればなるほど、手汗はひどくなってしまいます。

そこで今回は、ゲーム中の手汗対策として、プレーの邪魔にならない手袋や、手軽に使えて手汗を一時的に止めてくれる制汗剤についてまとめました。

 

ゲーム中の気になる手汗の原因とは?

人が汗をかく要因は3つあります。

 ・温熱性発汗
   熱い時や体温が上がった時にかく汗
 ・味覚性発汗
   辛い物などを食べた時にかく汗
 ・精神性発汗
   緊張や興奮をした時、精神的なストレスを感じた時などにかく汗

 
手汗の主な要因は、足の裏や脇の下などと同じく、緊張や興奮、ストレスを感じた時などにかく精神性発汗によるもので、自律神経の交感神経が優位な状態になることによります。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つがバランスよく働いて、私たちの身体を健康に維持しています。
しかし、何らかの原因でこの2つのバランスが崩れ、どちらかが優位になると、身体の調子が乱れて、様々な不調を引き起こします。

交感神経は昼間活動している時、緊張や興奮した時、ストレスを感じた時、高気圧の時などに優位となり、血管収縮や血圧上昇、消化抑制、そして発汗促進の作用があります。

副交感神経は夜寝ている間、リラックスしている時、低気圧の時などに優位になり、血管拡張、血圧降下、消化促進、発汗抑制などの作用があります。

ゲームをしている時は興奮状態になり、また、ハラハラドキドキするような場面では緊張もします。
そこでゲームをしている時は、交感神経が優位な状態になり、発汗促進作用が働いて手汗もたくさん出てくるのです。

 

ゲームプレーの邪魔にならない手袋はある?

ゲーム中の汗拭き様にタオルを用意している人もいますが、夢中になっているとタオルで手を拭いている暇などありません。

そこで、ゲームプレー中に手袋をして、手汗対策をしている人もいます。
でも、手袋を使用していることで、かえってコントローラーが操作し辛かったり、気になったりしてはゲームに集中できません。

では、ゲームプレーの邪魔にならないためには、どんな手袋が良いのでしょうか?
ゲームプレー中に使うなら、綿の手袋が1番向いています。
綿手袋は通気性、吸水性が良く、生地が薄くてフィット感もあります。ごわごわしたりすることもないので、プレーに支障をきたしません。それに値段も安く、大入りの物もあるのでお薦めです。

ただし綿手袋はタッチパネルに反応しないので、スマホなどでゲームをする人は、ニトリル手袋の方がお薦めです。

ニトリルは超極薄のゴム製手袋で、ぴったりフィットし、ほとんど素手感覚で操作ができます。
ただ欠点として、通気性が悪いので、汗をかくと手袋の中が蒸れてしまいます。

100枚の大入りで売っていますが、値段は1000~1500円ほどで綿手袋より少し高くなります。

 

手汗におすすめの制汗剤は?


「Original update by サカタのタネ」

手汗を気にしないで、存分にゲームに集中できるようにするには、やはりプレー中に汗が止まってくれていた方がいいですよね。

そこでお薦めなのが制汗剤です。

制汗剤は、以下の3種類のタイプが出ています。

 
・パウダータイプ
・クリームタイプ
・ジェルタイプ

 
製品により持続時間は異なりますが、手に塗った後はしばらく手汗が出るのを止めてくれますので、手汗を気にせずゲームに集中する事ができます。

それではお薦めの制汗剤をいくつか紹介しましょう。

手汗におすすめの制汗剤

デトランスa(パースピレックス)

ローションタイプ 4800円

1度塗ると3~5日程、何もしなくても手汗をかかなくなります。
使い続けていると手汗を抑える効果のある期間が長くなります。

テサラン

クリームタイプ 4298円

厳選した天然由来成分を使用しているので、お子さまでも使えます。
安心な国内生産です。
今回紹介した制汗剤の中で最も値段が安いので、なるべく安く済ませたいと言う人にお薦めです。

ファリネ

パウダータイプ 8890円

脇用や全身用とは違う成分を使用し、手汗を止めるために開発された制汗剤です。
即効性があり、つけた瞬間すぐに効果が現れて、手が一瞬でサラッとします。
安心の国内生産、無添加・無香料で手に優しいので、敏感肌の人にお薦めです。
携帯に便利なサイズなので、いつでも持ち歩けて、手汗が気になったらすぐに使えます。

フレナーラ

ジェルタイプ 5100円

朝晩2回ジェルを手になじませます。
即効性はなく、使い続けていく事で効果が現れてくるタイプの制汗剤です。
数種類の天然由来の植物成分と、クロルヒドロキシアルミニウムと言う低刺激で手に優しい成分を使用しているので、敏感肌の人にお薦めです。

 

制汗剤は、選ぶのが迷う程たくさんの種類が出ていますが、手汗をどうしても止めたい目的で購入するのならば、気を付けたい点が一つあります。

手のひらは、身体の中で最も皮膚が厚い場所です。
制汗剤には全身に使えるタイプの物なども出ていますが、そのようなタイプは、皮膚が薄い部分にも使えるように作用が穏やかな物が多いので、皮膚の厚い手のひらには効きにくい事があります。

そこで、どうしても手汗を止めたい人は、手汗専用の制汗剤を使うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ゲーム中の手汗の原因は、ゲームに夢中になって興奮・緊張する事で、交感神経の働きが活発になり、発汗作用が促進されるためです。

ゲームプレーの邪魔にならないお薦め手袋は、通気性、吸水性が良くフィット感のある綿手袋です。

しかし綿手袋は、タッチパネルに反応しないので、スマホなどでゲームをする人は、超極薄のゴム製手袋ニトリルがお薦めです。
ただしゴム製は通気性が悪く、長時間使用すると中が蒸れてくるデメリットがあります。

手袋以外で手汗対策にお薦めは制汗剤です。
クリーム、パウダー、ジェルと様々なタイプがあり、つけた後すぐに手汗を抑えてくれるものもあります。ゲーム前に使用すれば、ゲーム中の手汗対策に効果があります。

制汗剤は数えきれないほど様々な種類が出ていますが、手汗を抑える目的ならば、必ず手汗専用の制汗剤を選ぶようにしましょう。