気になる脇汗を抑えたい!

脇汗を抑えるツボがあるの?

すぐに脇汗が止まる方法はある?


Original update by いしだひでを

 
人は普段から汗をかきますが、夏の暑い時期になると、汗をかく機会も量も増えて来ます。

そしてこの時期、悩む人の多い事が脇汗です。

服は汗でぬれて汗染みが出来てしまいますし、脇だと臭いも気になります。

最近では効果の高い脇汗用の制汗剤が沢山出ていますので、多くの人は脇汗対策として制汗剤を使います。

しかし中には肌が弱いなどの理由で、制汗剤が使えない人もいます。
でも、出てくる汗は放っておいても止められないので、どうにかして止めたいですよね。

そこで今回は、脇汗がひどくて悩んでいるけれど、制汗剤は使えないという人でも、手軽に脇汗を抑える事ができるツボを調べまとめました。
 

脇汗に効くツボはある?

人は、暑い時や運動をした時、辛い物などの刺激物を食べた時、精神的ストレスを感じた時や緊張した時に汗をかきます。

汗を出す汗腺は体中にありますが、脇の下はほかの場所よりも汗腺が多いため、汗を多くかきやすくなります。

脇の下には,エクリン腺とアポクリン腺と言う2種類の汗腺と皮脂腺があります。



エクリン腺は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、99.9%が水分でサラサラした汗です。

一方、アポクリン腺は、脇の下・陰部・肛門・乳輪・耳の中と身体の一部の場所にしかなく、アポクリン腺から出る汗は白っぽく粘り気があり臭いがします
この臭いは、元々は異性をひきつける為のものでしたが、今はわきがと言われて嫌がられることが多いですね。

このように、汗の量が多くなりがちで、臭いも気になると、脇汗をかきやすい人は、服に汗染みが出来たり、臭いがするのではないかと人目が気になってしまいます。

最近では、そんな脇汗対策の為に、たくさんの制汗剤が出ていますが、制汗剤以外で脇汗を止める方法はないのでしょうか?

実は、制汗剤の他に脇汗を止める方法があるのです!

それはツボ押しです。

人の身体には、様々な体の不調や、病気疾患に効くツボが沢山あり、その中に脇汗に効くツボもあります。

ツボはいくつかありますので、それぞれ順に紹介していきましょう。
 

毎日続ける!手にある脇汗を抑えるツボとは?

まずは、手にあるツボを紹介します。

労宮(ろうきゅう)

手を握りしめた時に、中指が当たる場所にあるツボ。
ゆっくりと5秒押し、離してまた5秒押す。これを数回繰り返しましょう。
精神的なストレスや疲労を和らげる効果があります。

脇汗は、精神的なストレスや、緊張が大きく影響しているので、緊張がほぐれ、気持ちがリラックスすれば、脇汗も治まって来ます。

合谷(ごうこく)

人差し指と親指の間の押すと少しくぼむ場所にあるツボ。
親指でゆっくり数回押します。
このツボは脇汗の他にも頭痛や便秘・生理痛などにも効く万能ツボです。
身体の水分代謝を良くする効果があり、代謝を正常にすることで脇汗も治まります。

後谿(こけい)

こぶしを握ると、小指の付け根の下にできる突き出た所にあるツボ。
ここを親指やペンなどで押します。
身体の熱を下げ、汗を抑える効果があります。

陰郄(いんげき)

手のひらを上に向けて、小指側の手首の付け根からひじに向けて1・5cm程の場所にあるツボ。
親指で少し強めに押すと効果があります。
身体の余分な熱を摂り、汗を抑える効果があります。また、緊張による体温上昇も抑えてくれるので、緊張による脇汗を抑える効果もあります。
 

手のツボは、即効性や強い効果はありません。しかし毎日続ける事で徐々に効果が出てきます。
どのツボも押し易い場所にあるので、毎日気付いた時に押すようにしてみましょう。
 

リラックスタイムにお薦め!足にある脇汗を抑えるツボは?


Original update by 真夏

 
手同様、足にも脇汗を抑えるツボがあります。

しかし足のツボは普段はなかなか押し辛いので、お風呂に入っている時や、入浴後など素足の時のリラックスタイムに行いましょう。

副隆(ふくりゅう)

足の内くるぶしとアキレス腱の真中から指2本分上にあるツボ。
親指で挟んで、押すのではなく、マッサージする様に揉むと効果的。
水分代謝を改善する効果があります。

代謝が悪く、下半身に血液や水分が滞ると、身体の上部の脇や顔に汗をかきやすくなります。そこで、代謝をよくすることで、汗を全身からかくようになり、脇汗が抑えられます。
 

すぐに脇汗を抑えたい時に効果的!胸や脇のツボとは?

ここまで手や足にある脇汗を抑えるツボを紹介してきましたが、これらのツボは手軽に押せますが、即効性はありません

しかし、時には脇汗がとても気になり、すぐにでも止めたい時があります。

そこで次は、脇汗を止めたい時すぐに止まる、即効性のあるツボを紹介します。

脇汗をすぐに抑えるツボ

屋翳(おくえい)

乳首の3~5cmほど上にあるツボ。
ここを1~3分ほど押す。
すると脇汗が止まってきます。
このツボは、バストアップのツボでもあります。

大包(だいほう)

脇の真中から下あたりにあるツボ。
脇を挟むような感じで腕を交差させて、指で脇の下を抑えると効果があります。
即効性があり、すぐに脇汗がおさまります。

大包は、何気なく腕組みをしている様に見せて押すことが出来るので、脇汗が気になる時に、周りに気付かれずに押すことが出来ます。

 
続けていくと段々と効果の出てくるツボから即効性のあるツボまで、いくつかの脇汗を抑える効果のあるツボを紹介してきました。
ツボ押しはお金もかからず、手軽にできるので、脇汗に悩んでいる方は是非試してみてください。

 

舞妓さん御用達!半側発汗で脇汗を抑える方法とは?

人の身体は、ある個所を圧迫すると、圧迫されていない反対側が汗をかき、圧迫されている側の汗が抑制されるという性質があります。これを半側発汗と言います。

例えば、身体の上下左右で、上を圧迫すると顔や脇など身体の上の部分の汗が抑制され、身体の下の方が汗をかきます。
身体の右側を圧迫すれば、右側の汗が抑制され、左側が汗をかきます。

この方法は、舞妓さんがよく使う方法と言われていて、白塗りのお化粧をしている舞妓さんは、顔に汗をかかないように胸の高い位置で帯をきつく結んで、顔汗を抑えています。

この方法を応用して、胸の高い位置を紐などできつく結んだり、女性ならば、ブラジャーのホックを一つきつくするなどして圧迫すると、圧迫している位置より上の脇や顔の汗が止まります。

ただし、この方法は圧迫する箇所をきつく締めないといけないので、気分が悪くなったりしないよう様子を見ながら行ってください。

 

まとめ

いかがでしたか?

人の身体には、身体の不調を改善する効果のある様々なツボがあり、その中には脇汗に効くツボもいくつかあります

手にある脇汗に効くツボは、どこでも手軽にできますが、即効性や強い効果はないので、毎日コツコツ続けることが大切です。

足にあるツボは、普段はなかなか押しにくいので、入浴中やお風呂上がりなど、素足の時のリラッックスタイムに行うと良いでしょう。

胸や胴体にあるツボは、即効性があり、脇汗をすぐに止める効果があります

舞妓さんがよく使う半側発汗と言う方法は、身体の圧迫している側の汗が抑えられ、反対側に汗をかくと言う身体の仕組みを利用した方法です。

半側発汗の作用を利用して、胸の高い位置を強く圧迫すれば、脇汗を止めることができます。