手のひらがかゆくて悩んでいる…

手のひらのかゆみを抑える対策や治療法を知りたい!
 

Original update by:チョコラテ
 

何かのきっかけで手のひらがかゆくなると、気になって仕方ありません。
すぐに手が届くものの、痒みが治まらないのはかなりのストレスですよね。

手のひらがかゆくなるのにも、理由があります。
また、かゆみの原因が分かれば、抑えるための対策や治療法も分かりますよね。

ここでは手のひらがかゆいことで分かる原因や病気を知って
その対応策を考えていきましょう。
 

手のひらがかゆい原因とは?

手のひらがかゆいという場合、その原因にはどんなものがあるのでしょうか。
よく話題に上がる原因を見ていきます。

皮膚が乾燥している

手のひらがかゆい場合に1番、考えられるのが皮膚の乾燥です。
手のひらも皮膚なので、冬場や湿度が低い場所では感想を招きます。

特に乾燥肌の人は、日頃からハンドクリームなどで保湿することが大切です。
手の甲は乾燥するとすぐに分かるのですが、手のひらは見た目的には分かりにくいのです。

また、水仕事をしていると、より乾燥が進んでしまいます。
手がかゆいな、と感じたらまずは、手のひらの保湿を行ってみましょう。

アレルギー症状があらわれている

アレルギーの症状を持っている人は、手のひらにアレルギー症状が現れることがあります。
アレルギーと言うと、特定の食べ物を摂取した場合に起こるイメージが強いですよね。

しかしアレルギーの原因である食べ物が手のひらに触れることで
手のひらにアレルギー反応が起こることがある
のです。

食べ物以外にも埃やダニに反応することもあり、いつ触れたか分からない場合も
手のひらにかゆみを生じることがあります。

赤みがある場合

手のひらがかゆいのと同時に赤い湿疹や腫れがある場合、それは「手湿疹」かもしれません。
手湿疹とはその名の通り、手にできる湿疹です。

この手湿疹には「赤い腫れ」、「湿疹」、「水疱」などができるので
激しいかゆみを伴います。

洗剤やシャンプーなど日常的に使用しているものに含まれる
化学物質が合わずに手湿疹になることもあります。

そこに毎日の家事で行う水仕事が重なると、手に負担がかかり
更にダメージが強くなって、手のひらがかゆいという症状に繋がります。

 

手のひらがかゆい場合の対策とは?

手のひらがかゆいと感じたら、自分でできる対策があります。
まずは身近なところから対策を立てて、様子を見てみましょう。

刺激を避ける

身体の皮膚はお湯で溶けだして乾燥を招くので、水やお湯を使いすぎないことを意識しましょう。
手のひらがかゆい時は皮膚も敏感になっているので、一見無害な水でも刺激になります。

水仕事の時はゴム手袋や使い捨てのビニール手袋を装着すると良いでしょう。

また、ゴムやポリエチレンなどが肌に直接触れるとかぶれやすくなるということもあるので
避けるか、綿の手袋を付けた上に装着することをおすすめします。

紫外線も手の刺激になりやすいので、特に紫外線の強い季節は
外出の際にUV加工をした手袋や日傘を使用しましょう。

保湿をする

手の皮膚が乾燥してひび割れているなど、症状が強い場合は
こまめにハンドクリームを塗るなどして、手の保湿を保ちましょう。

水仕事をする度に、クリームなどは取れてしまいますので
こまめに塗り直しが必要です。

水仕事の前に塗りこんでおくと、皮膚に保護膜ができるので
刺激から手を守ってくれます。

面倒かもしれませんが、手のひらがかゆいイライラに比べると
気持ち的にもスッとしますよ。

皮膚の再生を促す

かゆみを伴い、炎症を起こしている皮膚は、外側からの治療と合わせて
内側からのケアも欠かせません。

肌の為に良い栄養素を積極的に摂って、皮膚の再生を促しましょう。
例えば…

・肌の潤いを保つ「ビタミンA」
・炎症が起こりにくい身体にする「αリノレン酸」
・身体の中の新陳代謝を円滑に行う「DHA」

 
このような栄養素を意識しながら、バランスのとれた食事を心がけましょう。
毎日の食事を工夫すると、炎症に負けない肌が作られ、身体を健やかに保つのに役立ちます。

また肌は睡眠中に再生されるので、良質な睡眠も必要です。
 
これらのことに注意してもかゆみが引かない場合は、病気の可能性も考えられますので
医療機関に相談してみることをおすすめします。
 

手のひらがかゆくなる病気とは?


Original update by:RRice
 
手のひらがかゆくなったことで、起こる手湿疹やアレルギー症状も放ってはおけませんが
場合によっては大きな病気の前兆であることもあります。

手のひらがかゆくなる時に、可能性のある病気は肝臓の病気です。
肝臓と手のひらは一見すると無関係に見えますよね。

しかし実は、肝臓を悪くしていると手のひらがかゆくなると言われているのです。
肝臓は異変や不調が分かりにくい臓器と言われていて、「沈黙の臓器」と呼ばれることもあります。

そんな肝臓の異変が、どういうわけか、手のかゆみとして現れていることがあるのです。
肝臓に関する手のかゆみの場合は、手湿疹とは違い、腫れや湿疹は見られません。

その代りかゆみが手のひらだけでなく、他の部位や全身に広がることがあります。
もし薬を塗ってもかゆみが直らない場合は、肝臓の病気を疑った方が良いでしょう。

他にも以下のような症状が見られます。

・手のひらや足の裏が黄色くなる
・爪に縦の筋が出る
・目の白い部分が黄色くなる
・自律神経失調を起こして不眠になる

 
病気とまではいかなくても、肝機能が低下している可能性もありますので
ただのかゆみじゃない、と感じたら、まずは病院に行きましょう。
 

手のひらのかゆみに効く治療法とは?

手のひらがかゆくて病院に行った場合は、様々な治療法があります。
病院に行った場合、まず行うのが検査です。

パッチテストによってかぶれの原因物質を調べます。
炎症の原因になる可能性がある物質をパッチテスト専用のシールにしみこませ2日程度皮膚に貼ります。

2日後にはがした時の皮膚の赤みや水ぶくれなどが誘発されるかを確認します。
確実に原因を突き止めたい場合は効果的な方法です。

検査の結果に合わせて、薬を処方されます。
手のひらのかゆみに効果的だといわれているのが「外用薬」または「内服薬」です。

症状によっては両方、処方されることもあります。
外用薬には以下の種類があります。

・ステロイド外用剤
  湿疹の炎症を抑えるために処方されます。手荒れを完治させる薬ではありませんが、症状を治すのに必要な対症療法です。

・保湿剤
  乾燥した皮膚の表面を保護して、肌の状態を回復させます。市販のハンドクリームよりも効果が高いです。

 
内服薬には以下の種類があります。

・抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤
  かゆみを止めるだけでなく、飲み続けることでかゆみを出しにくくします。

・睡眠導入剤
  湿疹の原因がストレスや不眠の場合に処方されることがあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

手のひらがかゆい原因には乾燥手湿疹などが考えられます。
中にはアレルギー症状を引き起こしている場合もあるので、医師に相談することも必要です。

手のひらがかゆい場合の対処法は…

・乾燥から守るために、ハンドクリームをこまめに塗る
・水や紫外線などの刺激から手を守る
・皮膚の再生を促す栄養素を積極的に摂取する

 
手のかゆみから肝臓の病気に繋がる場合もあります。
長引く場合や、何をしてもかゆみが引かない場合は、医療機関に相談しましょう。