汗止めバンドってどんなものなの?

どういう仕組み汗が止まるの?

Original update by : Tamahikari Tammas

汗止めバンドって聞いたことありますか?

額の汗に悩んで調べているとよく目にするのですが、このバンドをすると汗がピタリと止まるらしいのです。

バンドで汗が止まるなんて不思議ですよね。いったいどのようなメカニズムなのでしょうか。今回は、額の汗に効果あり!と人気上昇中の汗止めバンドの仕組みについて解説していきます。

本当に効果があるの?どこで購入するの?という疑問にもお答えしますので、是非、参考にして下さい。

額や首の汗に効果的!汗止めバンドってどんなもの?


 

汗止めバンド(汗止め帯)は、一言で言うと、脇の下に巻きつけてギュッと絞めつける細いヒモ状の物です。

ゴムベルトのように伸び縮みしますので、絞めつけの強さを調節することが出来ます。アウターに響かず、着けていても全く目立つことなく汗を止めてくれる、汗っかきさんには夢のようなアイテムなのです。

男性用・女性用・男女兼用のもの。またサイズも豊富にあり、人気商品だということが分かります。

装着方法もとても簡単で、忙しい朝でも3秒もあれば装着できます。

この汗止めバンドは、京都の舞妓さんの「高帯」からヒントを得て商品化されたものです。舞妓さん達は夏の京都でも涼しい顔をしていますよね。お化粧も全然崩れていません。

その理由は、脇の下あたりを帯でギュッと絞めつけているからなのです。

しかし、舞妓さん達は全く汗をかいていないわけではないのです。絞め上げた帯よりも上側(上半身)の汗を止めている分、帯の下側(下半身)から汗をかいているのです。

それってどういうことなのでしょうか。下で詳しく解説していきます。

汗止めバンドで汗が止まるメカニズムとは?

脇の下をバンドで圧迫すると、バンドよりも上側の汗は止まりますが、その分下側から汗をかきます。それは次の2つのメカニズムが絶妙に絡んでいるからです。

  1. 半側発汗(はんそくはっかん)
  2. 汗を止めるツボ

半側発汗

「半側発汗」とは、皮膚圧発汗反射の現象のことです。人間の体は、圧迫した側と反対側に汗をかくように出来ています。

右側を圧迫すれば、右側の汗が止まり左側から汗をかくことになります。不思議な現象ですよね。汗止めバンドはその原理を利用しています。

脇の下を絞めつけますから、それより上の部分の汗を抑えてくれます。額以外にも、頭汗、顔汗、鼻汗、ワキ汗などに効果が見られます。

汗を止めるツボ

汗止めバンドの絞めつける部分は、ちょうど汗を止めるのに有効な次の2つのツボに当たります。

  • 屋翳(おくえい)・・・乳首の3cm~5cm(指2〜3本分)ほど上
  • 大包(だいほう)・・・わきの真ん中から下あたり

この2つのツボは特に上半身の発汗を抑えるのに効果があると言われています。

汗止めバンドに付いている突起が、そのツボを押さえてくれますので、より制汗効果が期待できるのです。

しかし、「こんな細い紐1本で本当に効果があるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。汗止めベルトがどれくらい効果があるのか、実験した動画がありますので、ご覧ください。

 

汗っかきさん達の汗がピタリと止まっていましたね。

 

汗止めバンドはどこで買えるの?

Original update by : 写真AC
汗止めバンドは簡単に装着できますから、いざという時のために、是非、1本持っていたいですよね。しかし、ドラッグストアやスーパーで見かけることはありません。いったいどこで購入するのでしょうか。

答えは「ネット通販」です。Amazonや楽天で「汗止めバンド」「汗止め帯」で検索すると商品がいくつかヒットします。

サイズはXS、S、M、L、XLの5サイズあり、お値段も2千円から3千円前後とお手軽です。肌に直接当てるものなので、洗い替え用に2,3枚あると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

汗止めバンドは、京都の舞妓さんの高帯にヒントを得て出来た商品です。細いひも状のゴムバンドで、脇の下をギュッと絞めつけますが、アウターから目立つことなく利用することが出来ます。

そのメカニズムは、次の2つから成り立っています。

  • 半側発汗の原理を利用
  • 汗を止めるツボを刺激

これにより、バンドより上部分の汗が止まるのです。

汗止めバンドはスーパーやドラッグストアでは手に入りません。アマゾンや楽天などのネット通販で購入することになります。

どうしても汗をかきたくない!という時のために、1本持っておくと安心ですね。