夏の汗はビオレボディシートで拭き取ればスッキリ!

えっ?顔に使ってはいけないの?どうして?


Original update by:エンリケ

夏の汗の必需品であるボディシート。
低価格でどこにでも持ち歩けるので、10代の若者にも人気です。

部活が終わった後の汗ばむ身体を拭けば、一気に爽快ですよね。
ところで、このビオレボディシート、顔に使ってはいけないってご存知でしたか。

ここではビオレボディシートを顔に使えない理由やその違いを踏まえた上で
おすすめのフェイスシートもご紹介します。

ビオレ汗拭きシートは顔には使えない?

汗をかいた身体を拭き取るのに重宝するのが、ボディシートです。
パウダー入りのものが、冷たさを感じるものもあって、ベタベタをサラサラに変えてくれます。

ここではビオレ汗拭きシートの疑問点を考えていきましょう。

基本的にビオレ汗拭きシートは身体に使うものですが、顔に使うのはアリなのでしょうか

答えは…
「使えないことはないが、おすすめできない」です。

ビオレ汗拭きシートには殺菌のためのアルコール
ベタつきを抑えるパウダーなどが配合されています。

これらは顔の皮膚の薄い部分である目の周りで使えばしみることがありますし
口周りなどの乾燥しやすい部分も、より乾燥が進みます。

アルコールは水分を蒸発させて肌の表面の水分をカラカラにさせてしまいます。
その結果、夏なのにパサパサした肌になってしまいます。

ビオレに限らず、汗取りシートをうたう商品は、どれも同じような作りになっているので
極力、身体を拭く使用して顔には使わない方が良いですね。

ビオレボディシートを顔に使ってはいけない理由とは?

ビオレボディシートはなぜ顔に使ってはいけないのでしょうか。
もう少し詳しくその理由を考えてみましょう。

ビオレボディシートで身体を拭くとスーッとした感じがします。
これは夏の火照った肌にはとても気持ちがいいですよね。

しかしビオレボディシートを顔に使うと、気持ちいいという感想よりも
ヒリヒリと痛みを感じる人が多いのです。

このスーッとした成分が目や口に入ると、しみたり荒れたりします。
肌の敏感な部分には過剰な反応を示すということです。

これは顔に侵入してきた異物と、それを浸透させないように肌を守るバリアが
肌の表面で戦っているためです。

ビオレボディシートを顔に使うとヒリヒリするという声が多いのはそのためですね。
これを長いこと使っていれば、肌を守るバリアが破壊されてしまいます。

結果、これまでは何でもなかった外部からの刺激が有害なものに変わります。
紫外線や花粉などの日常的な刺激でも、肌が荒れたりくすんだりしてしまいます。

ビオレボディシートは身体に使う分には耐えられても、顔に使うとその機能を奪ってしまう可能性があります。
顔には顔専用のシートを使うのが正しい使用方法です。

ビオレボディシートとフェイスシートは何が違う?


Original update by:bBear

顔を拭きたいのであれば、顔用の「フェイスシート」があります。
ボディとフェイスで何が違うのかというと、それは含まれる成分の違いです。

人の身体の中でも顔の皮膚というのは、全体的にデリケートに作られています。
そして顔には目や鼻といった重要な部位が多く存在する部分でもありますね。

ですから、顔を拭く場合は、それらに影響を与えないような、肌に優しい成分を使う必要があるのです。

具体的にどんな成分かというと…

・水
・エタノール
・クエン酸

 

といった、化粧水などにも登場する成分が中心になります。
対する、ボディシートに含まれる成分とは…

・無水エタノール
・トリクロサン
・メントール

 

など、あまり聞いたことのない成分が中心です。
ボディシートには殺菌を目的としたアルコール冷たさを感じる清涼剤が成分の大部分を占めます。

これを顔に塗ると、アルコールを化粧水代わりに塗っているようなものなので
顔がヒリヒリしたり、乾燥してパサパサになってしまうのです。

使い続ければ皮膚がめくれたり、かぶれや湿疹の原因にもなるので
ビオレボディシートを顔に使うのは避けて、フェイス用シートを使うようにしましょう。

今おすすめのフェイスシートはこれ!

それでは最後に、フェイスシートとしておすすめの商品を見ていきましょう。
あなたのお気に入りはあるでしょうか。

GATSBY フェイシャルペーパー

根強い人気のGATSBYシリーズから、フェイスシートが登場しています。
GATSBYの特徴は汗だけでなく、テカリやベタつきといった肌の悩みを解消してくれるところです。

メントールが配合されているので、拭いた後は爽やかな気持ちになります。
顔に優しく古い角質を柔らかくしてしっかりと拭き取りが可能です。

天然コットン100%の大きめシートなのも嬉しいですね。

UL・OS 大人のフェイスシート

「うるおす」という名前のフェイスシートなだけあって、保湿成分が含まれています。
さっぱりとした使い心地なのに、時間が経っても肌のしっとりをキープできます。

シトラスの甘すぎない香りも人気で、汗のニオイを跡形もなく消してしまいます。
汗のニオイだけでなく、体臭にも効果があるというから驚きですね。

厚みのあるシートなので、しっかりと拭きたいという人に満足度が高いです。

MARO プレミアムフェイスシート ゴールド

どんなに拭いてもダマにならないシート加工がされているので
従来のものよりも拭き心地がアップしました。

金をナノ化した「ゴールドコロイド」という成分が、コラーゲンを角質層に浸透させます。
拭いた肌はしっとりもちもちなので、潤いがいきわたるのが分かります。

汗のニオイも加齢臭もスッキリと落としてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

汗を気にするのは今や女性だけではなくなっています。
汗のニオイを拭き取るのは、男性にとってもエチケットなのですね。

ついボディ用のシートを顔にも使ってしまいがちですが、顔にはフェイス用を使いましょう。

・アルコールや清涼剤と言った成分が中心のボディシートは顔には刺激が強い
・保湿成分が少ないので、顔を拭くと乾燥してしまう
・顔の肌バリアが失われて、日常的に刺激を受けるようになる

こういった点はすぐに症状となってでるのではなく、忘れた頃に重症となっていることがあります。
面倒でもボディ用シートと顔用シートは使い分けて、快適な夏を過ごしましょう。