脇汗が黄色い汗染みになっている!
もしかしてワキガなのでは!?


Original update by:写真素材 足成

気温が上がる季節、ちょっと歩いただけでも汗をかくのは仕方のないことです。
しかし、中には脇汗のあとが黄色くシミになっているという人もいるのではないでしょうか。

洗濯をしてもなかなか取れない脇汗の黄色い染みは病気なのでしょうか。
あまりひどいと、そういった不安で汗をかくのが怖くなってしまいますよね。

ここでは服の黄色い汗染みの原因や病気との関係性
汗染みしてしまった服の黄ばみを落とす方法までご紹介していきます。

男性で黄色い脇汗をかく原因とは?

会社に着ていくシャツが脇汗で黄ばんでしまう
どうして自分だけがこんなことに?

そんな風に悩む前に、まずは黄色い脇汗をかく原因を見ていきましょう。
黄色い汗の原因は、汗が出る汗腺の中でも「アポクリン汗腺」という汗腺が多いことがあげられます。

アポクリン汗腺から出る汗には脂質や脂肪酸、たんぱく質などが含まれていて
ベタベタした汗、ニオイのある汗が出ることが特徴です。

このアポクリン汗腺からでた汗が雑菌と混じって独特のニオイを発するようになり
更に、「リポフスチン」という色素が含まれていることから、衣服の黄ばみの原因となります。

これはワキガの人と同じ症状で、黄ばみの色は個人差があります。
しかし黄色い汗が出るからといって、全ての人がワキガであるとは判断できないのです。

アポクリン汗腺が多い人には、以下のような特徴があります。

・耳垢がジュクジュクである
・肉や乳製品が好き
・毛深い方である
・脇汗が多い
・肌が脂性肌である
・脇に白い粉がつくことがある

当てはまる項目が多い人ほど、シャツが黄ばみやすい人です。

また、日頃、汗をかく習慣がない人も黄色い汗が出る可能性があります。
これは汗をかくのに慣れていないことから、汗を出す機能が弱まっていることが原因です。

汗を出す機能が弱まると、ベタベタとしたワキガの時のような様々な成分を含む汗になってしまいます。
この場合も汗染みが黄色くなってしまうのです。

黄色い脇汗をかくのは病気?

皮膚から出た汗が衣類に付いてから色が付くのは、汗に含まれる物質と
皮膚に付着している細菌や雑菌とが、化学反応を起こすために起こります。

時間が経過すると「シャツが黄ばんだ状態」になるのが特徴です。
これが実は、あまり良いことではありません。

とは言っても、病気ということはありません。
ただ、汗の質を考えた時に、「良い汗」のかきかたではないということです。

良い汗には水以外の物質がほとんど含まれません。
ですから、衣類に付着しても色やニオイが付かないのです。

通常、汗の出口である汗腺がしっかりと機能している場合は
水とその他のミネラルなどの物質をしっかり分けて汗として排出します。

汗がベトベトしたり、ニオイがする、色が付く場合は、汗腺がしっかりと働いていないことが考えられます。
要するに汗腺の働きが弱まっているのです。

黄色い汗染みを作る汗は、すぐに病気と結びつける必要はありません。
しかし、ミネラルを多く含む汗は、熱中症の原因になります。

また、ミネラルの中に鉄分を多く含んでしまう場合には
貧血にもなりやすいので、注意が必要です。

黄色い脇汗をかく場合の対策とは?

黄色い脇汗をかいて悩んでいるのであれば対策を考えましょう。
基本対策は毎日の生活習慣の見直しです。

不規則な生活、ストレスを溜めやすい人は規則正しい生活に見直して
ストレス発散ができるように気分転換を取り入れてみましょう。

睡眠不足やストレスといった要因は、脇汗だけでなく体にとってはマイナス要因でしかありません。
他にはどのような改善策があるのでしょうか。

食生活を改善する

脇汗にとって食生活は影響が大きいといわれています。
肉類や乳製品を良く食べるという場合は、それだけニオイや黄ばみの原因になる汗をかきます。

肉類にはニオイの原因となる動物性脂肪が含まれています。
これを少なくすることが黄色い汗の対策に繋がります。

ビタミンの多い野菜や魚、油分の少ない和食を中心の食生活に改善しましょう。

洋服を改善する

食べ物が第一に重要ですが、それでも汗をかきやすいという人はいます。
普段、身に付ける洋服にも注意しましょう。

通気性の悪い生地はそれだけ湿度が高くなり、雑菌が繁殖しやすくなります。
汗をかきやすい人はできるだけ、通気性の良い服を選ぶようにしましょう。

消臭効果のあるインナーも多く販売されているので、上手に活用するのも一つの方法です。

制汗グッズを使ってみる

それでも汗をかいてしまう場合は、制汗グッズを使うのもおすすめです。
制汗グッズを使用することで汗を抑えて、気になる臭いを防ぐことができます。

制汗剤にはいくつも種類がありますが、じか塗りタイプ、スプレータイプ、洗い流すタイプなど
いくつか試してみて、自分に合ったものを探してみましょう。

中には制汗剤のニオイと混ざって悪臭になってしまう場合もあります。
1日使った後の脇のニオイをしっかりチェックしましょう。

衣服の黄ばみを落とす方法とは?

買ったばかりのシャツが脇汗で黄ばんでしまったら、かなりショックですよね。
1回着て捨ててしまうなんて、非常にもったいないです。

そこで、脇汗で黄ばんでしまった衣類の黄ばみを落とす方法をご紹介します。
脇汗の黄ばみ成分はタンパク質や皮脂です。

これらを溶かす特徴を持っているのがアルカリ性の洗剤です。
特に酸素系漂白剤はアルカリ性の漂白剤です。

漂白剤を使用する前に注意点があります。

衣類の黄ばみを除去するには、まず黒ずみから落としていきます。
ホコリなどの汚れが黄ばみ汚れをコーティングしているので、そのまま漂白剤を使っても黄ばみは取れません。

まず黒ずみを取るために、台所洗剤を使います。
汚れている部分に直接台所用洗剤をかけます。

その後、いらなくなった歯ブラシなどでやさしく表面をこすると
表面に付いた黒ずみの元が取れて、黄ばみが浮き上がります。

その後で、40度~50度程度のお湯に漂白剤を溶かして、30分浸け置きしましょう。
あとは通常通り洗濯機で洗濯します。

それでも落ちない頑固な黄ばみには?

しつこい黄ばみ汚れには、洗濯用の重曹を使用します。
酵素系漂白剤と重曹を同等の割合で混ぜて、スプーン1杯程度のペースト状のものを作ります。

表面の黒ずみを落とし、お湯で洗剤を流したら、汚れの部分にペーストを塗ります。
そしてペーストを塗った部分に熱を加えます。

アイロンをスチームにしてあてるのが1番ですが、手間がかかるので
ドライヤーの温風をあてる程度でも構いません。

最後は通常通りに洗濯機で洗濯します。

酸素系漂白剤の主な成分は過酸化水素水です。
過酸化水素は加熱されることで酸化力が上がり、衣類の色素を除去します。

ポイントは塗った後に必ず40度程度の温度で加熱することです。
重曹を混ぜる事でより強いアルカリ性になり、頑固な黄ばみにも効果抜群です。

まとめ

いかがでしたか?

黄色い脇汗の主な原因はアポクリン汗腺から出る汗に原因がありました。
この汗には脂質や脂肪酸、たんぱく質などが含まれていて、ベタベタする上にニオイを発するのです。

黄色い汗が出るからと言ってすぐに病気だということはありませんが
ワキガの可能性や汗に含まれる成分によっては、体調不良を引き起こす可能性があります。

黄色い汗への対策としては

・食生活の改善
・洋服の素材を考える
・制汗剤などを上手に活用する

ストレスや寝不足でも黄色い脇汗を悪化させる原因となります。
今一度、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。