高校生になったからには、バイトをしたい!
面接のときってマナーとして化粧はしていくべきなのかな?
印象の良い服装はやっぱり制服?私服で行くのはダメなの?


Original update by : 写真 AC

高校生になって、ようやくバイトを始められると意気込んで応募をしたあなた。
だけどバイトの面接なんてもちろん初めてで、どうすればいいのかわからないことばかりです。

何よりも面接では第一印象が大事になってきます。
そこで重要なのが、服装などの身だしなみです。

化粧はするべきなのか、どんな服装で行けばいいのか。
悩みを解決し自信をもって面接に臨めるよう、面接時の化粧や服装のマナーについて纏めましたので、参考にしてみてくださいね。

制服?私服?高校生のバイト面接の服装は?

社会人の仕事の面接、となるとスーツが基本です。
しかし高校生の場合、スーツを持っている人は圧倒的に少ないため服装に悩むことも多いです。
その場合バイトの面接時の服装としては、制服、または私服ということになります。
どちらを着れば正解なのでしょうか。

結論としては、どちらでもOKです。
高校生の正装となるのは、制服です。
冠婚葬祭でも「制服着用が望ましい」とされるほど、制服は公式の場にふさわしい服装です。
バイトの面接時に制服を着る、ということは自分のもっている服の中で一番フォーマルな服を着ているといっても過言ではないと思います。

そうは言っても、制服がない高校もありますし、休日に面接があった場合は制服を着ることに違和感を感じることもあるでしょう。そんな場合は、私服でもOKです。
制服ではなく私服で面接に来たからといって、悪い印象を与えることはありません。
ただし、制服・私服どちらの場合でも、着こなしにマナーはあるので注意が必要です。

高校生のバイト面接で気を付ける事とは?

バイトの面接といえども、れっきとした仕事の面接です。
相手はあなたと初めて会った人であることがほとんどです。
好印象を与えるためには、言葉遣いももちろんですが、やはり見た目が一番重要です。

「人を見た目で判断してはいけない。」とは言うものの、初対面の場合はどうしても見た目で判断せざるを得ないですよね。
そこで見た目=服装の気を付ける点について、説明していきます。

制服で行く場合

制服で行く場合は、一番良いのは学校で先生に褒められる服装です。
つまりは校則にのっとった着こなしをすることです。

しかし、校則を全部守るというのは、やはり難しいと感じるあなたに、最低限守ってほしい点は以下の点になります。

・スカート丈は短くしすぎない(膝上程度)、ズボンは腰履きしない
・シャツ、ブレザーなどの前ボタンはしっかりと留める
・下に着るセーターなどをブレザーから出さない

これらの点を最低限抑えて、制服を着ることをおススメします。
また、かかと踏んだローファーや汚れた靴はNGです。

私服の場合

私服の場合は、カジュアルな服装は避けましょう。
男女共通で言えるのは、Tシャツ、ジーパン、ジャージはNGです。
女性の場合では、
・ミニスカート、ショートパンツ
・フワフワのワンピース
・ヒールの高い靴やミュール、ブーツ
これらの服装は避けたほうが良いです。
原色などの派手な色は避け、爽やか・清楚と言われるような服装をしていくことがベストです。
アクセサリー類も基本的にはつけないほうが良いでしょう。

制服・私服どちらの場合でもいえるのは、「清潔感があり、だらしなくない服装をすること」です。
おしゃれを楽しむのはプライベートで出来ます。
バイト面接では仕事の面接ということを忘れず、節度ある服装を心がけましょう。

高校生のバイト面接で化粧はするべき?注意点とは?


Original update by : 写真 AC

社会人女性のマナーと言われる化粧ですが、高校生のバイト面接ではどうなのでしょうか。
高校生にとって化粧はマナーではなく、おしゃれであり、バイト面接でわざわざ化粧をする必要はありません。
面接する側としても、高校生がばっちりメイクで面接に来たとしたら「もしかしてこの子は不真面目なのかな?」と悪い印象を持ちかねません。
相手の印象を良くするためにも、基本的には高校生のバイト面接に化粧は必要ないという結論に至ります。

しかし、普段から化粧をしており、すっぴんになると眉がない、肌にあざがあるなど事情がある場合は、化粧をしてもOKです。
化粧をする場合は、つけまつげ、濃いアイシャドウなどの派手な化粧は避け、ナチュラルメイクをするように心がけましょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。
高校生のバイト面接に限ったことではないですが、第一印象はとても重要です。

・制服でも私服でもOK。
・清潔感のあるきちんとした格好をする。
・化粧は不必要だが、する場合はナチュラルメイクに留める。

以上の点に気を付け、好印象を持たれるように心がけましょう。
社会で働くことを通して、様々なマナーを身に付け、成長していけるよう頑張りましょう。