海外の人ってなんだかニオイが強い気がする!

海外の人のワキガってどのくらいいるのだろう。




Original update by:GATAG

海外旅行をした時や、国内でも複数の外国人とすれ違った時
体臭らしきニオイを強く感じたことはありませんか。
 
日本人に比べてニオイが強いのでちょっと驚いてしまいますよね。
ここで気になるのが、海外の体臭事情です。
 
ここでは日本人と外国人の体臭の違いやワキガの割合をリサーチ。
またワキガの原因やすぐにできる対策などもご紹介していきます。

欧米人と日本人のワキガ率とは?

独特のニオイを発するワキガ。
そんなワキガに悩んでいる日本人は全人口の約10%~15%といわれています。

実際には10人に1人はワキガの悩みを抱えているということですね。
 
では、外国人のワキガ率に目を向けてみましょう。
外国人のワキガ率は

白人:50%~60%
黒人:80%~90%



白人では半分以上、黒人に至っては100%に近い数字が出ています。
ここには日本人と外国人との間に、ニオイの差が大きくあることが分かりますね。
 

日本は手洗いうがいを始めとして、殺菌・除菌などが徹底されている
世界でも有数な生活な国であり、海外の人とは環境が違います。

しかし、それ以上に体質が全く違うことも理由のひとつです。

 
欧米人は体質的にアポクリン汗腺が活発でワキガ体質の人が多いのです。
日本人をはじめとするアジア人は欧米人に比べてアポクリン汗腺が少なめです。

 
また食文化の違いも大きいですね。
欧米人は肉類やファーストフードを中心とした食生活を送っている印象です。

 
そういった食事には動物性タンパク質の摂取量が多く、アポクリン汗腺が活発になりやすいことが分かっています。
逆に和食などの栄養バランスが優れていて偏りが少ない食事にはニオイの元になることが少ないのです。

 
日本人も少しずつ職の欧米化が進んでいるので、
昔はあまりなかったワキガに悩む人が増えてきたのかもしれません。

海外と日本の体臭事情とは?

世界的な視点で見た時、日本人の体臭は弱いと言われています。
欧米人は特に体臭がキツイ人が多く、自覚するほどのニオイがある日本人でも気にならないレベルです。

 
そうであれば、体臭を気にする人が多いのか、と考えますがそうでもありません。
欧米人はあまり体臭対策に意識を配る傾向がなく、デオドラント製品も日本のようには売れていません。

 
全体的にニオイがあるのが当たり前なので、日常的にニオイに慣れているのかもしれません。

 
アジアの外に出てみると、かなりキツイ体臭を放っている人に遭遇することになるでしょう。
そういった人の特徴としてワキガを発生させている人が多いといえます。

 
しかし、欧米人にはニオイに対する文化も異なります。
「体臭はその人の個性を表わすものであり、個人を判断するための貴重な情報源である」という考えを持っています。

 
その結果、欧米人は人からニオイがすることが日常茶飯事なので、
日本人ほど体臭や加齢臭に対して神経質になっていないのです。

ワキガの発症原因とは?


Original update by:写真 AC

そもそもワキガにはなる人と、ならない人がいます。
その発生原因はどんなものなのでしょうか。

 
人は個々に体中から様々なニオイを発していると言われ、それが総称して「体臭」と呼ばれています。
その中で一部の人が脇を中心として発する特殊なニオイがあり、そのニオイが「ワキガ」と呼ばれるものです。

 
ワキガのニオイの原因になると考えられているのが「アポクリン腺」という汗腺からでる汗です。
脇には、「アポクリン腺」「エクリン腺」という2種類の汗腺と、「皮脂腺」があります。

アポクリン腺から出る汗は水分だけでなく、脂肪酸、たんぱく質、アンモニアなどが含まれていますが、
汗そのものがニオイを発するのではありません。

アポクリン腺から出た汗が、肌表面の細菌により分解されることで、ワキガのニオイが発生します。
また、アポクリン腺からの汗にエクリン腺から出た汗や皮脂腺から出た物質が混ざることでもニオイが強くなります。

 
そんなワキガの主な原因は「体質」です。
アポクリン腺という汗腺が活発でアポクリン腺から汗が多く出る体質と言われています。

 
この体質は遺伝性の場合が多く、一般的に両親のどちらかがワキガの場合
子供もワキガになりやすいと言われています。

 
もちろん、必ず遺伝するということはありませんし、ワキガにならない場合もあります。
ただ、可能性としては高確率になるということです。

 
また、「ワキガはうつる」という噂を聞いたことがありますが、
ワキガ体質ではない人がある日突然、ワキガ体質になるということは基本的にありません。

簡単に実践できるワキガの臭い対策とは?

もしワキガだとしたら、自分でニオイ対策をすることはできるのでしょうか。
簡単に実践できる方法を見ていきましょう。

お酢の殺菌効果を利用する

実は、ワキガのニオイにはお酢の力を利用して防ぐことができます。
ワキガのニオイの元になるアポクリン汗腺からの汗は皮脂などの脂質が含まれているため表皮の常在菌のエサになっているのです。

そこでお酢を使うことで、アポクリン汗腺から出る汗の質を改善することができます。
お酢には強い殺菌効果があるので、アポクリン汗腺から出る汗と雑菌が混ざり合うのを防ぐこともできます。

 
お酢を使ったワキガのニオイ対策は以下の通りです。

・お酢を飲む
・お酢の入ったお風呂に入る
・お酢を薄めたものを脇に塗る



1番効果があるのはお酢を飲む方法です。
大量に飲む必要はないので、普段の料理にお酢を多めに使うという方法でも効果があります。

お風呂に入れる場合は、お湯を張った浴槽にコップ1杯程度のお酢を入浴剤のように入れます。
良く混ぜたら、身体を清潔にしてから浸かりましょう。

 
お酢を直接脇に塗る場合は、原液をそのまま塗るのはタブーです。
お酢にも強いにおいがあるので、逆にニオイを発してしまいます。

必ず10倍~100倍に水で薄めて、コットン等に染み込ませたものを脇に塗ります。
お酢の殺菌効果はとても高いので肌に塗ると、しっかりと効果を感じられるでしょう。

ワキガ専用のデオドラントクリーム

もっと簡単に自宅で手軽にワキガのニオイ対策をしたい場合は
ワキガ専用のデオドラントクリームを使用しましょう。

通販で人知れず購入することができますし、見た目は化粧品のようなクリームです。
毎日の入浴後に適量を脇に塗るだけの簡単なケアでOKです。

塗って10分程度でニオイが消えていくのが分かります。

 
また、保湿ができるデオドラントクリームもおすすめです。
ワキガは乾燥している方がニオイが出やすいのです。

乾燥することで肌を潤わせるために、ニオイの原因になる皮脂も出やすくなります。
ですから、保湿をして乾燥対策をした方が、上手に消臭できるというわけです。

まとめ

いかがでしたか?

日本人に比べて欧米人にはワキガ体質の人が多いという結果は驚きでしたね。
そこには環境・体質・食文化などが大きく影響しています。

もしワキガのニオイが気になるのであれば、簡単にできる対策があります。

・お酢を飲む・溶かしてお風呂に入る・直接塗ることで、殺菌効果を利用する
・ワキガ専用のデオドラントクリームを使用する
・食事や生活習慣でワキガ体質を改善する



ワキガの原因は遺伝による体質が圧倒的に多いと言われています。
それでも、きちんと対策を打てば、ワキガの改善は可能なのです。