なんだか最近、汗っかきになった気がする・・・

もしかして更年期?対応策はないの?




Original update by:写真 AC

 
年齢を重ねるごとに汗の傾向が変わってきたという話があります。
以前は気にならなかった汗が気になるくらい出るようになったというものです。

 
実は年齢によって汗の質や出方というのは変化していきます。
その場合、汗の量やニオイにはどのような変化があるのでしょうか。

 
ここでは年齢によって汗がどのように変わってくるのか、違いはあるのかという気になる部分と、
脇汗を軽減させる対策などを見ていきましょう。

脇汗をかく原因とは?

気温が上昇する夏やスポーツの後、脇汗をかくのは自然現象です。
しかしそれ以外にも脇汗をかくという場合、その脇汗には原因があります。

精神性発汗

人前で話すのが苦手なのに仕事でプレゼンをしなければならない
大切な資格に合格するための試験を受ける

 
このような時、人の身体は常に緊張状態にあります。
緊張状態の時は汗の出る汗腺をコントロールしている交感神経が活発になるのです。

 
その結果、脇、手のひら、足の裏などに大量の汗をかきます。
これを「精神性発汗」といいます。

 
緊張状態がなくなれば自然に汗が引きますが、吹き出すようにどっと一気に出るやっかいな汗です。
それを味わってしまうと「また汗をかくのでは?」という不安から、常に汗をかうという悪循環に陥ります。

 
最近ではストレスによって多汗になる人も増えています。

 

更年期の影響

更年期を迎える人には様々な症状がでることがあります。
そのひとつがホルモンバランスの影響によって、自分の意志や気温とは関係なく汗が出るという現象です。

 
特に女性に多く見られる多汗の症状で、困ったことがある人も多いでしょう。
顔や首、脇の下、胸などの上半身を中心に滝のような汗をかきますが、手足は冷たいのが特徴です。

 

脱毛後に汗が増えるケースもあり

こちらも女性に多い症状ですが、脱毛によって汗が増えたと訴える人も少なくありません。

今は脇の脱毛も低価格で手軽にできるようになりました。
レーザー脱毛を行うことで汗腺を刺激していることも原因のひとつですが
脱毛によって意識が脇に集中することで起こる精神発汗も考えられます。

脇汗と年齢の関係性とは?

高齢になるにつれて、多汗症や汗かき体質に悩む人が増える一方で
汗をかきにくくなったという、正反対の症状も少なくありません。

 
このように年齢と脇汗には密接な関係性があります。
これらの原因はどちらもエクリン腺の機能が低下したことから起こるといわれています。

 
エクリン腺は汗腺のひとつですが、全身に200万~500万ほどあるといわれているエクリン腺の中でも
能動汗腺と呼ばれ、実際に発汗活動をしている汗腺は半分ほどといわれています。

 
この能動汗腺が加齢によって徐々に減少していきます。
すると、発汗することのない休眠状態になるのです。
 

その場合も、身体から発汗されるトータルの汗の量は変わらないので
行き場のなくなった汗は他の部位から発汗される
という流れになります。

 
その「他の部位」に該当するのが顔や頭皮、ワキの下といった上半身に集中することが多いのです。
年齢と共に脇汗が増えたと感じるのはこのためかもしれません。

女性は更年期の影響が大きい

女性の場合、更年期になると女性ホルモンの関係で多汗症になる人が増えるといわれています。
そもそもエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは発汗をおさえる働きがあります。

 
逆に男性ホルモンは発汗を増やす働きがあります。
更年期に入り女性ホルモンが低下してしまうと、男性ホルモンが優位になり汗をかきやすくなるのです。

 
この女性ホルモンで発汗量が増え、さらには下半身の汗腺機能が低下すると
発汗が上半身に集中するので、火照りやのぼせといった症状に繋がるのです。

思春期と更年期の汗の量や臭いの違いとは?


Original update by:写真 AC

汗と言えば、思春期にも特有のニオイのある汗をかきます。
高校生の男の子には、独特の「男臭さ」を感じることも少なくありません。

思春期の汗と更年期の汗には違いがあるのでしょうか。

思春期の汗

思春期を迎える中学生から高校生にかけて、体は大きく成長します。
ホルモン分泌が活発になって性成熟に伴う変化が訪れるのです。

 
その間、細胞は非常に早いペースで増殖と再生を行います。
特に高校生男子はとにかく汗と皮脂の分泌量が多いのでかなり体臭がきつくなります。

 
思春期の汗の成分には皮脂が多く含まれるという特徴があります。
皮脂と混ざった汗は乾きにくく、皮膚はいつまでもベタベタ湿ったままの嫌な汗です。

 
そこに雑菌が繁殖すると、不快なニオイが発生します。
思春期の汗や体臭は「ホルモンと新陳代謝の活発化」が大きな原因です。

 
大人の身体に成長してホルモンバランスが安定すると
自然に落ち着くので心配することはありません。

更年期の汗

更年期は、一般的に45歳から55歳の間の10年間といわれています。
更年期になって汗をかきやすくなったという人の話をよく耳にします。

 
更年期の汗は上半身にだけ滝のように流れる汗を大量にかきます。
女性ならメイクが落ちるなど日常生活にも支障がでてくるほどです。

 
これは更年期障害の症状のひとつで「ホットフラッシュ」と呼ばれるものです。
ホットフラッシュは時間や場所は選ばず、気温や意志に関係なく大量の汗をかきます。

 
更年期の多汗で出てくる汗は、運動をした後の汗とは違ってベタベタしています。
また、ニオイも通常の汗よりもきつく、くさいのが特徴です。

 
こういった汗にはミネラル分が多く含まれています。
また臭いの成分であるアンモニアも含まれているためベタベタするのです。

 
そのような汗は皮膚につくと雑菌も繁殖しやすいという特徴があります。
更年期の多汗症の人の体臭が強い原因は汗の成分のせいなのです。

脇汗を軽減させる対策とは?

脇汗は年齢によっては、自分の意志と関係なく吹き出してしまうことがあります。
そういった場合は、いくつか脇汗対策を知っておくと安心ですよね。

ホルモンバランスを整える

女性の更年期に特に効果があるのが、ホルモンバランスを整えることです。
女性ホルモンの減少により汗をかきやすくなるのであれば、女性ホルモンを補う必要があります。

 
女性ホルモンを補う働きがあるといわれているのが「イソフラボン」です。
イソフラボンには女性ホルモンを促進する働きがあるので、更年期のホルモンバランスを整えるのに良いとされています。

 
イソフラボンは大豆食品に多く含まれているので、納豆、豆腐、豆乳などで摂ることができます。
またサプリメントで補うのも効果的です。

 
イソフラボンを摂取することでホルモンバランスを整えて、脇汗対策をしてみましょう。

適度な運動をする

脇汗が増える原因のひとつに汗腺の働きが衰えて、上手く汗をかけないという現象があります。
年齢によって汗腺が衰え、汗をかかないでいると、他の汗腺も徐々に衰えてしまいます。

 
汗腺を鍛えるためには日頃から汗をかくことが大切です。
そこで大切なのが適度に運動をすることです。

 
特に更年期にあてはまる人は、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動が有効です。
1回に付き20分以上続けることで脂肪燃焼が始まり、汗をかくようになります。

 
またゆっくりと半身浴をして汗をかくのもおすすめです。

 
普段からたくさん汗をかく習慣をつければ、全身の汗腺が活発になり
脇だけ汗をかくという悩みからも解放されますよ。

制汗剤の活用

上記の対策と一緒に利用したいのが、制汗剤の活用です。
最近では様々な制汗剤がありますが、おすすめはクリームタイプです。

 
理由は継続時間が長く、制汗効果が高いので朝つければ1日効果が持続します。
保湿効果も高いのでオールシーズン使うことができ、肌にも優しくどのような肌質の方にも適しています。

 
他にも汗取りパットや汗拭きシートを利用して、汗を残さないことも大切です。
上記の対策で根本からの汗対策をしながら、制汗剤で即効汗対策を取り入れてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

汗には年齢によって量もニオイも変わってくることが分かりました。
思春期と更年期では、ニオイの原因にも大きな違いがあるのです。

困った脇汗対策としては

・イソフラボンを摂取してホルモンバランスを整える
・普段から全身で汗をかくようにして汗腺を鍛える
・即効で脇汗を止めたいのであれば、制汗剤を活用する

 

年齢によって大量に出てくる汗は自分では抑えようがありません。
早いうちから汗対策を実施して、汗に悩まない毎日を送りたいものですね。