真夏の通学路は汗まみれになってイヤだなぁ・・・

手軽に使えて効果的な制汗剤やデオドラントを手に入れたい!




Original update by:写真 AC

 
汗をかくと身体がベタベタしたり、時間が経つとニオイを発したりと
嫌なイメージを抱えている人は多いでしょう。

 
そんな中でも脇汗は着ている服にシミを作ったり、自分でも分かるほどのニオイを感じます。
脇汗対策にはどんなものを使用していますか?

 
ここでは脇汗対策に手軽に手に入れることができる、制汗剤やデオドラントの特徴や
人気の商品をご紹介します。

気になる脇汗には何を使えば良い?制汗剤とデオドラントの違いとは?

脇汗について気になる点といえば、「汗の量」と「ニオイ」ではないでしょうか。
単に脇汗の悩みといっても、何に悩んでいるかによって対応策も変わります。

 
脇汗のお悩みを解消してくれるグッズとして「制汗剤」と「デオドラント」がありますね。
この2つの大きな違いはどんなことでしょうか。

制汗剤=汗を止める
デオドラント=汗のニオイを止める



制汗剤とデオドラントには、このような違いがあります。
ですから「脇汗に悩んでいるんだけれど・・・」という人にとって、どちらを使うかは悩みの種類によります。
 

脇汗のニオイを気にしている人が制汗剤を使っても、ニオイの解消にはなりません。
逆に脇汗の量に困っている人がデオドラントを使っても汗は減らないのです。

 
まずは両者の違いを知っておくことが、脇汗の悩み解消の第一歩なのです。

制汗剤やデオドラントにはどんなタイプのものがある?それぞれの特徴とは?

制汗剤やデオドラントといっても、それぞれにタイプが異なります。
使う場面や使い勝手によって、どのタイプが良いか見極めていきましょう。

 
制汗剤には以下のようなタイプがあります。

・スプレータイプ:いつでもどこでも手軽にスプレーできますが、効果は長続きしません
・ロールオンタイプ:肌の上にロールを滑らせるように塗るタイプです。スプレーよりも効果が持続します。
・クリームタイプ:お風呂上りなどに塗りこむタイプです。長時間の効果が期待できます



次にデオドラントには以下のようなタイプがあります。

 

・シートタイプ:汗をかいた時にタオルの代わりに使用することでニオイを抑えます。手軽に使えるのがメリットです。
・石鹸タイプ:毎日の入浴で洗い流すことでニオイを抑える効果があります。
・クリームタイプ:直接塗りこむことで長時間ニオイを抑えることができます

 
次に制汗剤とデオドラント、それぞれの特徴を見ていきましょう。

制汗剤

汗を抑える効果が期待できる制汗剤は、吸収剤と収斂剤が配合されています。
吸収剤は汗を吸収する働きを持ち、収斂剤は汗を抑える働きがあります。

 
制汗剤を肌に付けることで、汗が出る毛穴を閉じて汗が出てくるのを止める効果があるのです。
もちろんずっと続くわけではないので、こまめに塗り直しが必要です。

 
制汗剤は汗を抑えることが得意ですが、ニオイを抑える働きが薄いです。
しかし、脇汗のニオイは汗と雑菌が混ざり合って発生することが原因とされています。
 

汗を抑えることができれば、今までよりはニオイも抑えることができるでしょう。

デオドラント

ニオイを抑える効果が期待できるデオドラントは殺菌効果が高いのが特徴です。
汗のニオイは皮膚の表面で増殖する雑菌により発生するので、それを殺すという効果があります。

 
結果、ニオイの元になる菌がいなくなるので、脇のニオイをクリアにできるのです。
しかし時間が経過すると効果が薄れるので、こまめに使用することになります。

 
デオドラントを使用することで脇汗が減ったように感じることもありますが
これは薬剤が毛穴に付着して汗が出にくくなっているだけです。

 
デオドラントに汗を止める効果はないので、あくまでニオイ対策に使用しましょう。

様々なメーカーの手制汗剤を比較!あなたにあった制汗剤とは?


Original update by:写真 AC

ドラッグストアに行くと、様々なメーカーから制汗剤が出ています。
特に人気のある制汗剤を見ていきましょう。

 

Rexena ドライシールドパウダースティック

スティックタイプの制汗剤の中でダントツで効果が高いのがレセナシリーズです。
汗をかく前に抑える「プレケア」発想で作られているので、嫌な汗を抑えてくれます。

 
ニオイを抑える効果は低めですが、携帯に便利な小さめのケースは
いつでも携帯しておきたいほど重宝します。

8×4 デオドラントスプレー

古くから親しまれている制汗剤が8×4シリーズです。
スプレータイプの中では「エチケットとして持っている」というほどの人気です。

制汗力・消臭力、どちらにも効果があるのもポイントが高いですね。
迷ったら選んでほしい1本としておすすめです。

リフレア

小学生から使用がOKとされている、安全性に優れた塗り薬タイプです。
肌にも優しいので敏感肌の人でも安心して使用できます。

 
肌が弱いけれど制汗剤を使いたいという人にはおすすめです。
持続力が低いので、何度か塗り直しが必要になります。

今おすすめのデオドラントはコレ!注目のデオドラントを紹介!

手軽に手に入るのに、効果が大きいといわれている
人気のデオドラントを見ていきましょう。

デオナチュレ ソフトストーン

脇汗に効果的なミョウバンを主成分とした、直塗りロールオンタイプの制汗剤です。
塗った瞬間から脇のニオイを抑えて、軽いワキガまで十分に対応しています。
 

市販のデオドラントの中ではちょっとお高めの1000円前後ですが
今すぐにニオイを抑えたい人にはおすすめです。

Ag+クリアシャワーシートN無香料

シートタイプのデオドラントは汗をかいた後に拭き取りに使うと効果的です。
香り付きもありますが、汗のニオイを消すなら、無香料が1番効果があります。

銀イオンを配合でベタつきや雑菌をスッキリと拭き取る大判シートも魅力です。
携帯性の高さで人気ですが、持続性がないのでこまめに使用しましょう。

Ban デオドラントパウダースプレー

スプレータイプの中で消臭力が高いと評判なのがBanのシリーズです。
ナノイオン微粒子を含んだパウダーが汗に反応して肌の上に広がります。

 
ニオイが発生した後でも効果を発揮してくれるので「ヤバい」と思ったその時に
シューっと吹きかける手軽さも嬉しいですね。

 

制汗剤やデオドラント以外の脇汗対策はある?

制汗剤やデオドラント以外に手軽でおすすめの脇汗対策があります。
それは汗脇パットや汗取りインナーを活用することです。

 
汗をかいた時にすぐに拭き取ることができればいいのですが
そのまま放置していると、空気中にいる細菌や雑菌と混ざって悪臭を発します。

 
また大量の汗で服の脇が染みになるのは恥ずかしいですよね。
そんな時に、自動的に汗を吸い取ってくれるのが、汗脇パットや汗取りインナーです。

 
汗脇パットは白い服に付けても目立たない肌色のものが多いので
薄着でもパットを付けているかは分かりません。

 
汗取りインナーも同様にTシャツタイプやキャミソールタイプなど
種類が豊富なので、服装に響かないタイプを選べば快適に過ごすことができますよ。

 
ちょっと変わったところでは、「防水スプレー」を使うのも、ひとつの方法です。
あらかじめ着る服の脇辺りに防水スプレーを吹きかけておけば、脇汗をかいても染みることはありません。

手軽に対処できる脇汗対策から試してみませんか。

 

まとめ

いかがでしたか?

脇汗に悩む人にとって制汗剤とデオドラントはどちらを使うべきか悩むところです。
制汗剤は汗を止める、デオドラントはニオイを抑える、これを知っているだけでも、選択肢は変わりますね。

制汗剤やデオドラントには様々な種類があるので、選ぶポイントを見ていくと、

・持続性を重視するならクリームタイプや直塗りタイプ
・手軽で携帯に便利なのはスプレータイプ
・お値段が手軽ですぐに汗を引かせたいならシートタイプ



制汗剤やデオドラントもピンからキリまであります。
使用感やお値段をよく考えて、最も使いやすいものを選ぶようにしましょう。