夏場の脇汗が気になる・・・

男性用の脇汗パットってどこで買えるの?




Original update by:写真 AC

 
一昔前は男性の脇汗を見つけても、それほど気になることはありませんでした。
しかし、時代は変わって現代では、男性でも脇汗がすごいと「不潔」「クサイ」という印象を与えてしまいます。

 
第一印象でも「清潔感」はとても大切な要素です。
仕事で様々な人と対面することが多い男性こそ、脇汗対策は必須なのです。

 
そこで、男性用の脇汗パットの種類や特徴を知って、自分に合った脇汗パットを見つけましょう。
どこで購入できるのか、おすすめなどもご紹介します。

男性用の脇汗パットにはどんな種類がある?

脇の汗が気になる・・・それは女性だけではなくなりました。
今や男性でも脇汗でシャツが染みになるのを、どうにかしたいと考えているのです。

 そんな男性が増えてきたこともあり、男性用の脇汗パットがあります。
その種類は以下の通りです。

・単価が安い「業務用汗脇パット」
・肌着に汗脇パットがついている「肌着一体型」
・直接、肌に貼りつける「直貼りパット」



男性の場合は女性と違って、デオドラント対策を面倒に感じる人も多いでしょう。
また、オシャレに使うというよりも、実用的に効果を実感したいという人がほとんどです。

 
見た目にこだわるというよりも、ちゃんと汗を吸い取ってくれるのか
手軽に使えるのか、値段は安いか、
などが注目されるはずです。

 
そんな男性にピッタリの汗脇パットの特徴を
次の章でご紹介していきます。

それぞれの特徴とメリットやデメリットは?

上記で紹介した汗脇パットにはそれぞれ、特徴があります。
ライフスタイルや使いやすさに合わせて選ぶと、機能的に活用できますね。

 
そのためには、それぞれの汗脇パットの良い点、悪い点を知ることが大切です。

業務用汗脇パット

汗脇パットの中には業務用として販売されているものがあります。
衣裳を取り扱うお店や、ブランドの洋服店などで、重宝されているものです。

 
業務用汗脇パットの特徴は1セットが大量であることと、それ故に単価が安いことです。
汗っかきで朝取り付けた汗脇パットでは間に合わないという人におすすめです。

 
いつもカバンに入れておいて、汗をかいたらパパッと取り換えることができますし
使い捨てても苦になりません。

肌着一体型

男性の中には毎回汗脇パットを取り付けるのが面倒だという人も多いでしょう。
そんな面倒くさがりの男性にピッタリなのが「肌着一体型」の汗脇パットです。

 
肌着についているので、いつ通り肌着を着るだけで完了です。
しかも洗うことで何度も着ることができるので、コストパフォーマンスも良いですね。

 
ただ、肌着を着る習慣のない人や、袖のないランニングタイプの肌着を着る人には
向かないかもしれません。

直貼りパット

汗脇パットといえば洋服の脇に当たる部分に貼りつけるのが一般的ですが
実は、直接肌に貼りつける「直貼りパット」もあるのです。

 
汗の出る場所にぴったりと貼ることができるので、脇汗防止には効果が高そうです。
しかし、デメリットがあります。

 
わき毛が多い人の場合、剥がす際に痛みを感じたり、わき毛が抜けてしまうのです。
痛みに強い人にはおすすめします。

男性用脇汗パッドはどこで購入できる?


Original update by:PAKUTASO

女性と違って男性用の汗脇パットを使いたくても、どこで買えるのか分からない
そんな悩みを持っている人はいませんか。

 
しかし、時代は変わりました。
今は男性用の汗脇パットも、割と気軽に手に入るようになっています。

上記で紹介した肌着一体型のパットであれば、男性下着売り場で見かけることができます。

 
男性の肌着も脇汗対策が取り入れられるようになってきたので
汗をかいてもすぐに乾くものや、通気性抜群の肌着も多いです。

 
脇汗に特化した対策を取るのであれば、肌着一体型のパットを探しましょう。

 
ドラッグストアに行けば、数は少ないですが男性用の汗脇パットが置いてあります。
女性用と一緒に「男性用」と書いているのもあるので、探してみましょう。

 
業務用汗脇パットなどは、なかなか近所のお店では見かけることがないので
インターネットや通販サイトで見つけて購入できます。

 
ネット上には様々な商品がありますので、非常に参考になりますね。
人と顔を合わせるお店で買うのはちょっと・・・と言う人も、ネットで購入すれば問題ないですね。

今売筋汗の脇パットを比較!おすすめ脇汗パッドはコレ!

汗脇パットは今や男性も使うものになっています。
買うのが恥ずかしいと思うよりも、もはやエチケットです。

そんな男性におすすめの脇汗パットをご紹介します。

わきの汗とりパット(ア・セーヌ)

この汗とりパットは、何と言っても防水加工が優れています。
せっかく汗脇パットを使っていても、パットの防水加工が甘ければ、すぐに汗が染みてしまいます。

 
長時間の防水加工を誇るア・セーヌの汗脇パットなら
男性でも1日もつ、という声もあるほどです。

大量の汗に困っているのであれば、こちらの汗脇パットを使ってみましょう。

汗とりパットAg+(ユニ・チャーム)

銀イオンである「Ag+」に特化した汗脇パットです。
汗脇パットの弱点ともいえる、汗をかいた後のニオイに強いのがこのパットです。

 
汗脇パットをしていても、汗をかいた後のニオイはどうしても発生してしまいます。
このパットなら銀イオンの消臭効果で、ニオイを抑えることが可能です。

汗もニオイも予防したい人におすすめです。

あせワキパットRiff(小林製薬)

元祖・汗脇パットといえば、小林製薬です。
誰でも使いやすく、つけているのに目立たないという安定感が人気です。

 
初めて汗脇パットを使うけれど、どれを使ったらいいか分からないという人は
ひとまず、この商品を試してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

男性は汗をかいて働くものだ、という昔の常識は変わりました。
満員電車で脇汗のすごい男性がいたら、白い目でみられてしまうでしょう。

男性もエチケットとして脇汗パットを使う時代なのです。
男性におすすめの脇汗パットはこちら。

・大量の汗にも対応できる「業務用汗脇パット」
・着るだけの「肌着一体型」
・直接肌に貼る「直貼りパット」



男性用の汗脇パットもドラッグストアで購入できます。
どうしても恥ずかしいという場合はネット通販で購入してみてくださいね。